人生初の

胃カメラ検査。
まだ、健康診断のデフォルトでは胃カメラはついてませんが、体も心も弱い子なので 「丈夫な綺麗な胃ですよ」って言われて心配損になることを祈りつつ、昨夜から緊張して臨んだのです。

最初の説明で、それぞれのメリット・デメリットを聞き、口から入れるか鼻から入れるかを決めます。
通っている病院は胃腸科としてもかなり腕がいいと評判だし、私は先生のことが大好きなので絶対の信頼を置いているのですが・・・。
「初めてだし反応わかんないから口でしてみん?」と言われて乗ったのが間違いだったのか、死ぬ思いをしました。

まずは肩に筋肉注射。
これが痛いのなんのって。
看護師さんがめっちゃ揉んでくれてなんとか和らいだら、胃の動きを止めるだか何かのまっずい液体を小さなカップ1杯飲み干す。

その後はつばを飲み込まないようにとの指示。

そして最後に麻酔。
ゼリー状のものを喉にためること3分×2セット。
3分って長いのね。

それから横になって待つこと数分。
その間はずっと看護師さんとおしゃべり。きっと緊張をほぐしてくれてたんだと思うのです。

先生が登場し、胃カメラの挿入。
それじゃなくても吐きやすい体質。胃カメラが入っていくまでには軽いパニックを起こしていたようで、しばらく死にそうでした。
涙とよだれダラダラでエヅクのが続くわけです。

が、カメラが奥まで入って落ち着いてからは、画面も見れる余裕も出てきて、直径9mmのカメラの動きや、機能に驚いたりなんかして。
あの細い管にはカメラだけでなく、胃壁についた唾を吸い取ったり、胃を拡張するために空気を送り込んだり、詳しい検査のために組織を取る機能があったりするわけだから。ホントすごい。

あ、それで結果ですが。
大きな異常は無しとのことで一安心。
でしたが、写真を見ながら説明を受けると、2つの症状による“慢性胃炎”あり。それから“食道ヘルニア”。
生活を注意すればたいしたことないとのことでしたが、カメラを飲むことでの衝撃と、いつもの吐き気の原因が分かったこととで多少ショックを受けていたようです。
夕方になっても胃だか腸だかが痛み、さすがに今日はお酒の席を辞退。

さすがに12月は飲みごとが多いので気をつけますけど。
だってお酒好きなんじゃも~ん。
[PR]
by floating_t | 2009-12-15 12:52 | せいかつ