NHK交響楽団

20周年記念ウィーク終了。
まぁ、なんと濃ゆい週だったか(汗)
ヘロヘロでしたがとっても楽しかったです。

まずはNHK交響楽団岩国公演へお越しいただいたみなさん、ありがとうございました。
配布した袋がしゃかしゃかいってしまったことは大反省ですが、たくさんの方から素晴らしかった!とお声をいただきました。

翌日は島根公演だったのですが、今回連携事業として開催したこともあり、上司と一緒に鑑賞に行かせていただきました。
もちろんうちとは響きもお客様も違い環境は異なっていましたが、同じ出演者、同じプログラムでの演奏会を他ホールで見ることができるのはとてもラッキーです。

マエストロ井上道義さんの息づかいや、小山実稚恵さんの感情豊かな表現力…。
何年この仕事をしていても全然わかりませんが、音楽会の空気としてとても贅沢な時間を過ごさせていただいたと感じます。

プログラム、うちのと同じに見えるけど、これは島根特別バージョン。
今回はチラシやプログラムも共通デザインで作成しました。
プログラムはいつもどちらかというとやっつけなのですが、今回は想いの入ったものを作ることができたのも良かったです。

さて、「今年は殆どの公演完売!」と豪語してしまったので、
とりあえず9月~10月公演の集客にむけて、そしてこれから売り出しのバレエやミュージカル、まずは自分が魅力を語れるようになります。

b0062019_1394596.jpg

※写真はシンフォニア岩国のfacebookより
[PR]
# by floating_t | 2016-07-03 22:07 | にんげん | Comments(0)

床仲間

2週間ほど前に、岩国の老舗漬物店「うまもん」さんにぬか床作り体験に行ってきました。

http://blog.canpan.info/tb/1093832

私たちのグループ4人と、偶然そのうちのひとりの同級生の二人組の6人での体験。

自由すぎる主婦に、唯一の独身。
漬物作りの説明や、実際に見学もさせていただき、MYぬか床をつくりました。

ぬか、水、塩に昆布や鷹の爪、にんにくチップ、発酵用の食パンをいれて、捨て漬け用の大根をつけます。

ふたり一組でぬかを分けたのですが、うちのペアは奇跡的にふたりとも先生のおっしゃる2.26キログラムのピタリ賞!

その後LINEグループで声をかけあいながら毎日手入れし、数日前から漬物作りスタート。

これまでに
きゅうり、人参、なす、おくら、干し椎茸とおいしくいただきました。
これから暑い季節なので手入れが心配ですが、ダメにしちゃわないようにがんばりますっ。

ちなみに、次の目標は豆腐。
ぬか漬けはなんででも作れるそうなので楽しみです。

b0062019_13123480.jpg

[PR]
# by floating_t | 2016-06-19 13:10 | あそび | Comments(0)

優介!

b0062019_1325578.jpg

明日はいよいよアフタヌーンコンサート。
ミューズホールはピアノを入れるのも、会場をつくるのもとても大変なので、実はあまり乗り気ではなかったのですが(汗)

数日前からお問い合わせも多く、
最初は「お客さんきてくれるかな?」と不安だったのが、
今は「満席になったらどう動く?」の不安に変わっています(笑)

私が入ってからは会館にとっても初の試みで、ワクワクどきどき。

優介先生も無事に山口入されたとのことでひと安心。

自分がやる訳じゃないけど、明日に備えて今日は早く寝ようと思ったら野球が延長…。
入団当初から推しメンの鈴木誠也が決めてくれたので、明日はきっと大成功??

うちの公演はどの公演もとても良いという自信はありますが、特に思い入れのあるオススメ公演なので、私も楽しみです。
お席には限りがありますが、ぜひお越しください。
[PR]
# by floating_t | 2016-06-17 07:23 | しごとも | Comments(0)

Shion公演!

b0062019_1014423.jpg

今年初の主催公演となる宮川彬良さん指揮「Osaka Shion Wind Orcestra」公演。
数日前から荒天が予想され開催すら心配されましたが、岩国の天気は良く、出演者も楽器も予定通り到着したので、無事に開催することができました。

前々日からお問い合わせが多く、その対応や対応策の検討に追われたのですが、杞憂に終わり一安心です。
もちろんその時間は今後にも活かされるので、いい経験になったなと感じています。

山口防府や下関、島根からいらっしゃる予定の方には残念ながらお越しいただけない方もいらっしゃったようですが、約1000名のお客様に来ていただき、大盛り上がり。
宮川彬良さんのお話も、Shionのみなさんの演奏も本当に素敵でした。(ちょっとしか見れなくて残念ですが)たくさんの方が笑顔で帰られ、あー、またこんなのやりたいなって思いました。

そして、私としては仕事面では反省点だらけなものの、一番大事な役割を果たすことができたと感じる場面。
これからまたすごいことが起きそうな予感がしています。
私たちが大事にしている「きずな」の作曲者でもある、宮川さんはとても素敵な人でした。
兄と同じ読み名なのはともかく、祖父と同じ「彬」って字もなんだかご縁を感じます。

残務処理を無理やり終わらせ、若者ふたりが打ち上がっているお店へ。
失礼ながら「ゆとり!」と突っ込んでしまうオーダーに驚愕しながら、まさかのノンアルで軽く食事をし帰宅。

まずは事故なく安全に、そして嬉しいことに大盛況に公演が終わったことに感謝し、次に臨みます。
とりあえず今日は引きこもりです。
[PR]
# by floating_t | 2016-01-23 17:10 | Comments(0)

トリオBee


3月にうちでやる及川浩治トリオBee

なかなかチケットが動かず、色々対策中。
先日行った兵庫芸文では売れてるってことは私たちの広報力不足ですから。

原点に戻ってDVDを観賞。
まずは私がいかに魅力を伝えられるか。
そこを怠っていたことに今更ながら気づきました。

音楽わかんないから、石田さんが最近見た成人式の若者みたいとか、ロックっぽいから始まる。

けど、3人ともが技術はすごい人なので、演奏はとても心地よい。

そして及川さんのお話の仕方がとてもいい人そうで、
石田さんもしゃべると良いお兄ちゃんで、
辻本さんが以外と悪そうで(笑)

3人のピアソラ、演奏もロックでかっこいいわー。

b0062019_1095364.jpg

[PR]
# by floating_t | 2016-01-21 23:07 | Comments(0)

兵庫芸文と山崎Dへ

15日の金曜日は兵庫に出張。
兵庫県立芸術劇場で佐渡裕さんにお会いしました。
私の大好きな方たちが心酔している、本当に素敵な世界的指揮者。
直接お話することができたのですが、とても緊張しました。
最後に写真までご一緒でき、感動です。(左右カットしてます)


その後PACの定期演奏会を鑑賞。
佐渡さんを芸術監督に阪神大震災の復興シンボルとして開館して10年。
毎年震災の日に合わせて最初の定期演奏会をしているそうです。

同行した音楽家の方が「アンコールのG線上のアリア、今まではとても暗かった。こんなに明るいアリアは初めて。」とおっしゃっていました。

恥ずかしながら私はよく分からないのですが…。
でも、演奏中本当に吸い込まれるようにずっと釘付けで鑑賞させていただき、やはり音楽の力すごい。
佐渡さんすごい!って改めて思いました。

そんなことを思いながら、連れて行っていただいた神戸のおしゃれなピザ屋さん(PizzaAzzuriさん)のピザは絶品でした。


上司と別れてからは旧知の後輩夫妻にお付き合いいただきさらに飲むことに。
急遽泊めていただくことになりました。

翌日は急遽ではあったのですが、山崎ウィスキー工場へ足を運んでみました。
いつも新幹線から見える景色がとても気になっていて、いつかと思っていたのですが、思い立ったが吉日でした。
残念ながら展示がリニューアルして初の土曜日ということで見学ツアーには参加できなかったのですが、山崎の空気や展示を堪能してきました。

今回、ふたつの拠点に行かせていただき、私たちの環境との違いや仕事の違いを感じることができました。
そして、そこで働いている方たちと少しながら接点をもつことの良さも感じました。
こういう機会はこれからも積極的に自分や周りに作れたらいいなぁ。

b0062019_10563872.jpg

[PR]
# by floating_t | 2016-01-17 22:22 | Comments(0)

第15回防府音楽祭

「音楽の力、すごい」篇

上司と一緒になのが残念ですが、第15回防府音楽祭のファイナルコンサートへ行ってきました。
防府市出身のチェロ奏者田中雅弘さんが音楽監督をつとめるこの音楽祭、毎年いろんな企画が盛りだくさんです。

今年、ファイナルコンサートで初めて第九を演奏。
音楽祭の趣旨に賛同されたたくさんの素敵なアーティストが今年も参加されていました。

第九の合唱団にきずな音楽祭チームのメンバーが参加していたのですが、彼女のキラキラ度にもやられちゃいました。
歌ってる姿かっこいいし!
夕方「 ベートーベンは、人と人を繋ぐために、この曲をつくったのか?と思う不思議な感覚でした!!」ってメール。
「きずな」もそうですが、縁もゆかりもない人たちが繋がって造り上げるステージ。
このステージのあたたかさが田中さんの人柄を現してるみたいでした。

街をあげて取り組んでいる長期間にわたる音楽祭、それに仕事として関わる担当者のプレッシャーや気遣いは相当なものだと思いますが、彼女のかっこ良さも伝わってきました。

終演後、これまでお世話になったり、これからお世話になる予定だったり、繋がりたいたくさんのアーティストにお会いすることができました。

練習を重ねて最高の舞台を造り上げるってやっぱりいいなって思っちゃうわけです。

ということで、私は私のフィールドで今年も良い舞台をつくるために頑張ろうっ!てパワーをもらったのでした。

b0062019_1122930.jpg

[PR]
# by floating_t | 2016-01-11 20:59 | Comments(0)

申年のスタート

一昨日は新しく赴任してきた社員さんを誘ってごはんへ。
かなり年下の女子。
本人は「ガラスのハート」と言っていたけど、きっと強化ガラス(笑)(だといいな。)
年下でも歴が違っても、あくまでも上司なので、頼るとこは頼って、いい関係が作れたらと思っています。
ちなみに念願のルコワンさんに行ったのですが、彼女がご案内をしていた知多のグレンウィスキーをはじめ揃ってたので飲みすぎました。

昨日は成人式会場を横目に山口へ。

きずな音楽祭チームでちょっと反省からのこれからの夢を描く会。
隊長夫妻の完璧なるおもてなしの元、一瞬ですが全員揃うことができ、本当に嬉しくて幸せな時間を過ごしました。

そしたら夕方の会に大遅刻…。
ながらもこちらも以前からゆるーく集まるメンバーと会うことができました。

色々考えなきゃな申年のスタート。
山口はやっぱり大事な場所でした。

今日の「音楽の力やっぱりすごい!」
体験はまたのちほど。
[PR]
# by floating_t | 2016-01-11 19:04 | Comments(0)

年末のご挨拶

b0062019_10463425.jpg


2015年もあと数時間ですね。
今年は正月早々の腸炎からスタート。
尊敬する上司の異動や、人の入れ替わり。職場の存続に向けた活動。
ライフワークのお囃子、お神輿、きずな音楽祭では相変わらず山口に入り浸りました。

今年もいい音楽を聴いたり、舞台をみたり、講演をきいたり、周りにいるいろんな方とご一緒させていただいたり…。

良くも悪くも「相変わらず」な一年を過ごしました。
いよいよ来年は『年女』。あっと言う間に干支が巡ってきました。
2016年、やりたいこと、やらなきゃなことをもう一度自分で整理し、ちゃんと目標立てて過ごしたいなと思っています。

今年の最後は、友人のお花屋さんへ。
私は自分で活けたりできないのですが、たまにはお正月のお花でも~と思ったら素敵なのありました。さすが、持つべきものは幼なじみ☆
母が喜んでくれました♪
まずは大晦日、今日も家族でゆっくりおうちで過ごします。

みなみなさま、良いお年を~。
[PR]
# by floating_t | 2015-12-31 16:44 | Comments(0)

年末の1幕。

今日はおうちのお買い物についていきました。
あるレジにて、並んだのは研修生のレジ。
どうやら目の前のお客さんにうち間違えがあった様子。
それ自体はまぁ仕方ないけど、問題はその後の対応。

私たちはその直後に待ってました。すでに後ろにもお客さんが並んでいます。
レジは研修生からベテランさんに代わり対応中。
ま、仕方ないと待っていたのですが、その後、カード処理→サービスカウンター→全品打ち直し。
その間そのレジに待っているお客にはお詫びも、他レジへの案内もないまま。
その挙げ句、うち間違った方へ並んでる人たちの目の前で「お手間かけてすみません」と粗品をわたすという場面。
いやいや、謝る相手、他にいるでしょって思うわけです。

その様子があまりにひどかったので、「年末、みんなイライラしてるのにその対応ないですよね」とサービスカウンターへ。
が、まぁ言われた彼女としては謝ればいいんですよね的対応。
温厚な母が珍しくちゃんと上まで伝えろー!指令。

私の仕事もそうなのですが、多分間違えた事自体よりその後の対応なんですよね。
今回の場合、私ならこうするな~というシミュレーションをしながら学びました。

夜は大好きな従姉が夫婦で遊びに来てくれました。

ホント、毎月きてほしい(笑)
彼女の兄(で私の従兄)は、ひどく言わないけど正しいから怖い、賢いタイプ。
うちの兄は根拠もなく理不尽で、すぐ威嚇や暴力に転じる、呆れるおバカタイプ。

言動にはいつもイライラしますが、所詮酔っぱらいなので、うまく陥れてやろうと思っています。 そして私もすぐにかっとなってしまうなので、うまく使って最後にどん底に落とす方法をゆっくり考えようと思っています。
[PR]
# by floating_t | 2015-12-30 22:48 | Comments(0)