<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年末振り返り

今年は山口行き予定がなかったため、年末年始はしっかりゆっくり6連休。

2014年もみなさんに大変お世話になり、無事に終えることができました。
ありがとうございました。

ちょっと振り返ってみると…。
1月、上司がこなくなり、仕事が激増。
インフルエンザにかかるもずっと働きました。
その間にまた車上荒らしにも入られました。

2月以降年末に向けてはいろんなことがありましたが、相変わらずな1年。
本社への出張は「もう行きたくない」とわがままを言ったり、例年のようにおみこし担いだり、きずな音楽祭では亀渕さん・セレモニー・ベルベッツの3本立てに忙殺されかけました。
念願の愛知出張もとても勉強になりました。
もちろん講演会や研修などにもたくさん行きました。

鑑賞でいえば、ゆず・HY・ドリカム・ベルベッツのポップスに加え、
オペラ「夕鶴」、牛田くんのピアノリサイタル、広響×及川浩治さん、浅野祥くんetc
いいものを沢山見ることができました。
音楽は全然わからないのにこんな仕事をしているので、少しでもいいものを聴いたり見たりしたいと思います。

そして12月、信頼する上司の異動が発表。
2014年はあまりしんどいことがない1年でしたが、最初と最後が劇的でした…。

12月30日は同僚とドリカムのコンサートに行ってきました。
25周年記念のライブ、今までドリのライブはワンダーランドも含め5回くらい行っていますが、50歳近くなってもあれだけのパワー、本当に圧倒されました。
素敵な感動で今年を締めくくれたなぁと思ったら…
椅子の下に置いてた荷物がなくなってました。
入口で配られるチラシとかグッズの案内が入ったあの袋なのですが、チケットの半券やグッズを入れていたのに…。
希望の色が出たショッピングバッグだったので、本当に残念です。
間違えて持っていったのだとしても、そりゃないやろ~と凹んでしまうわけです。
その反動で横川駅で飲みすぎました。

そんな2014年を振り返る年末のひと時。
2015年は何が起こるか楽しみです。

b0062019_1051243.jpg

[PR]
by floating_t | 2014-12-31 12:02 | Comments(0)

ひとあし早いクリスマス。①

b0062019_10273373.jpg

シフトをつくる上司の気遣いもあり、20日~22日まで3連休。
(その時には直属上司の異動は決まってなかったし)

20日は甲斐先生と優の「夜想会~音と香り~」へ。
サックスとピアノ、パーカッションの音色と、それを奏でるひとたち、聞きにきた人たちの愛がいっぱい感じられる素敵な時間でした。
「吹いてる時も指導してる時も」かっこいい甲斐先生と、それを見守る大人な共演者のみなさん。そして甲斐先生や大人との共演に一生懸命応えようとするこどもたちのひたむきな姿。

優とゆうすけはず~っと楽しそうで、ずっと「ありがたい」を連呼してて、ふたりの性格の良さがそのまま伝わってくる演奏。

演奏会にこられた方の楽しそうな笑顔や、アンケートから、本当にいいコンサートだったなぁと感じました。

小百合さん&優親子が紡いできたご縁から始まったコンサート。
それをきっかけにたくさんの方とつながることができて、ご一緒させていただけることに感謝。

睡眠もそこそこに、翌日はコンクールに挑む男の子の打楽器演奏を聞かせてもらうことができました。彼もまた小さな頃から知っているのですが、とてもしっかりしたお兄ちゃんになっていて、緊張しながらも吸い込まれるパフォーマンスを披露してくれる姿はとってもかっこよかったです。

その後宇部空港まで見送ったのですが、本当にず~っと楽しそうな4兄弟のよう。
そんな素顔もありながら、すごい練習と努力を日々重ねている彼らが、これからもその笑顔で楽しく演奏できる環境をつくっていくお手伝いができたらなぁと思ったのでした。

珍しく働いてる姿を撮っていただいたので、それも掲載してみます((笑))
b0062019_10342056.jpg


(写真はたらさんとYAMANEさんのfbから拝借。)
[PR]
by floating_t | 2014-12-22 10:27 | Comments(0)

-

b0062019_7821.jpg

おはようございます。
東部では珍しく積雪の朝。
寒いですね。

私の車はスタッドレスだし、山口時代には珍しいことではなかったのですがどうやらこの辺りでは一大事のよう(笑)

雪に慣れない街なので、道路事情は心配なので早めに出掛けます。
[PR]
by floating_t | 2014-12-17 07:08 | Comments(0)

上司の異動に際して

先日職場の忘年会がありました。
休館日以外は全員が揃わないので、歓迎会が伸びていた新人の歓迎会も兼ね、そして、1月1日付で異動になる上司の送別会も兼ねるという「複雑」な会。

相変わらずビンゴでは最初にリーチになるのにビンゴまでたどり着けないし、お酒は美味しくて飲みすぎちゃうわけです。
気が付くと、我が家(離れ)で、初めてのんだ舞台スタッフの最年少、お酒飲めない同僚の3人で飲んで爆睡してました((笑))

異動する上司は信頼している直属の上司。
異動があるとは分かっていたものの、あと1年くらいはご一緒できると思っていました。

「おっ!」と振り返る人がいるくらいの容貌をお持ちな彼女、色々な拠点を経験しているものの、事業畑には初めて、マネージャとしてやってきました。
僻地の拠点としては珍しい、とってもうちの会社っぽい方。

この2年で彼女からは色々なことを学びました。
公演や施設も一緒に見に行かせてもらったし、会社マインドも彼女から伝わって来ることが多かった。
都会で培ってきたトラブル処理の能力や、凛とした接客対応はもちろん、事務処理能力や管理能力、戦闘能力の高さはピカイチで、もう少し学ばせてもらいたかったなぁというのが正直なところです。
最近気づいたところではポジティブならぬ、「アクティブシンキング」さ。
普段の決断、行動も早く的確な上、切り替えも早くて適切。

よくこれだけ良いことでるなってくらい書きましたが、とても気が強い方なので、そりが合わないことも多かったのも事実です。
その半分以上は私の素行の悪さや適当さにあるのですが…。
きびキャラ×悪さ、黒さもピカイチだと思うし(笑)

今回の急な人事異動は確実にしわ寄せがきたパターン。
内示が出たのが12月1日。
翌2日、他のメンバーに先駆けて知らされました。
一緒に聞いた別の上司は「自分の転勤と思った」
私は「主任の寿退職だと思いました」との感想。はともかくとして(笑)

その時頭が真っ白になったのを覚えています。
そして、後任の主任の赴任が3月だということを合わせて知らされました。
頭が真っ暗になったのを覚えています。
そのあとはショックが大きすぎて落ち着いて席についていられませんでした。

数日間、公私ともに忙しかったのですが、そのショックはダメージとして行動に現れていたと思います。
7日の公演が終わったタイミングでメンバーへも大発表。

主任の異動がいよいよ現実的になってきたこの数日。
先日の振り返り面談では引き継ぎのことがメインだし、残ったメンバーでの凌ぎ方だとか、そんなことばかりが事務所内を走ってます。

そうそう、面談で「忘年会の時“主任がいなくなるなら私もやめる”って叫んでたけど、それをみんなの前で言わないで」と言われました。
そんなこと言ったの覚えてませんが、たぶん本心だったんだろうなぁって思います。

そして考えてみたんです。
これまで私は終わりのある仕事を選ぶことが多かったし、仕事を離れても関わり合いを持つことが多かったなってこと。岩国にいる今でさえ山口の方とのつながりは多いし。

上司や一緒に働くパートナーが不意にいなくなるという全国展開をしている企業としては当たり前の経験をしてこなかったってことです。
いや、あったけれど、こんなに痛手を負ったことがないというのが正しいでしょうか。

首都圏ですが相談はできる立場にいらっしゃるし、後任の方はイケメンで仕事もできる方だという噂。
これはこれでとても勉強になり、自分が成長する機会なのかなぁとも思います。
そう思って頑張るしか、乗り切るしかないのだなとそろそろ割り切るしかないな~。

てか新人事制度に変わる前に転換試験でも受けとくべきだったか?と今頃思ったりするわけです。
b0062019_11435271.jpg

[PR]
by floating_t | 2014-12-13 23:14 | Comments(0)

悲しい出来事

先週は怒涛の山口週間。
本当に素敵な時間をいっぱい過ごさせていただきました。感謝!

ここからは延々愚痴なので、読んでもいい気分にはならないと思います。すみません。

山口週間の初めに、ある私道に車を止めていて、目の前のおうちの方にぶつけられました。
「申し訳ない。ぶつけました」の貼り紙があり、ご本人と話をすると修理代は払いますからと穏やかな紳士で安心していたのですが…。

今日、タイヤの代金を払いに車屋さんへ行き、やっと見積もりしてもらうと、私も思ったより高かったのは事実。
といっても凹んでキズがついているわけなので、車屋さんからしたら「本当は取り替えた方がいいけど高くなるから板金にしとく」とのこと。

その内容を電話で伝えたところ
「高い。知ってるところで見積とったなら違うところに行ってくれ」と。

その時点でうちの父兄はカチン。

「それなら○○さんの知ってるところで見積もりとってください」
と再度電話したら、
「ないので任せる。あなたこういうこと慣れてるみたいですね?納得いかないけど払えばいいんでしょ?」
と言われたのです。

私、あまり気が強くないので
「え?初めてですよ。もう一箇所くらい見積もりとりましょうか?」
と言ってしまう。

えっと、高いのでもっと安いとこないかって思うのはともかくとして、「慣れてる」ってどういうこと?
確かに「面倒な年寄りと話す」のは慣れてますけど、悪意が伝わってきてとても嫌な気分になりました。

その電話を横で聞いてた父が「わしが話す!」とキレかける。

なんもなければ速攻父にバトンタッチですが、あんなとこに止めてた私も悪いって気もあったし、今後の色々な按配のことも考えるともちろん揉めたくはないのでとりあえず我慢。

地位とか名誉を持った方なので、私みたいな人は嫌いなんだろうなぁ。
でも私、被害者なはずなんよね~。

年末でお忙しくなる季節ですが、みなさんもインフルエンザと事故と揉め事にはお気をつけください。
[PR]
by floating_t | 2014-12-09 19:44 | Comments(0)