<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

もろみ豚~

b0062019_1859654.jpg
おいしくて楽しかった「含有給休暇旅行」の記録は現在作成中です。(完成するのかっ?!)
書き始めると長くなっちゃうんですよね~。
[PR]
by floating_t | 2009-02-25 18:59 | あそび

ミーバイのお刺身

b0062019_1846546.jpg

まちで声かけられた、お兄さん、でわなくお姉さんについてきたら、◎でしたっ。
[PR]
by floating_t | 2009-02-25 18:46

さぽらんて パンフレット講座

b0062019_18335725.jpg久々に、オレンジスマイルという名前で公の場に参加させてもらいました。
少人数での講座だったからこそ聞けた思いや伝えられたことがたくさんありました。
皆さんとても前向きに取り組まれ、他の団体さんのパンフレットへの意見を述べつつ、数年ぶりに見かえしたオレスマちらしは・・・。恥ずかしくて出せませんでしたが、改めて私たち自身を考えることもできた貴重な時間でした。
「講座の進め方を盗む」と宣言しましたが、まだまだです。経験と勉強を重ねてきた代表はさすがオレスマ代表っ!いよっ。

b0062019_1840260.jpgそのあとは打ち上がり。
気になっていた商店街の花ちゃんでもつ鍋を食べました。一見入りにくいですが、とてもいい雰囲気のママさん(?)がいます。鉄鍋で出てきたもつなべは、とても濃い味でミックスホルモンに、ニラ・ニンジン・キャベツ、もやしのメンバー。
そこで合流した子から驚き発言を聞かされ、その後行きたかった魚やひでぞうへ。
なんだかお腹も気持ちもとっても幸せな一日でした。
[PR]
by floating_t | 2009-02-22 18:33 | かつどう

今回も

b0062019_1822588.jpg
感心したのがこの「盛籠」。
値段に応じてフルーツやら缶詰やら乾物やらがたくさん入っています。
「盛籠」というと地方によっていろいろあるようですが、これは珍しいのではないでしょうか?よその地域で会葬したことはありませんが。
ただ、これにはこれなりの問題もいろいろあって、そこはいい仕組みが必要です。

そして感心できなかったのが組内という昔ながらの風習。
地域の人たちが食事やいろいろな準備をしてくれます。
もちろん、とてもありがたい大事なつながりではありますが…。楽しんでいるとしか思えない。(それだけではありませんし)

薄情といわれるかもしれませんが、私は「葬儀」は“人生最後で最大のイベント”だと思っています。
素敵な儀式にして、みんな笑顔で送ってあげたいなって。
本人が口出せない、準備出せないからこそ、私たちからの最後の贈り物でもあると思うんです。
[PR]
by floating_t | 2009-02-20 18:11 | ひきみ

うちの水道事情 続編

先日知り合った方がたまたま水道事業に詳しく、早速うちの事情を調べてくださいました。
仕事がはやいって素敵です。
どうやら市内で唯一の事例だそうで、アパート名まですぐ出てきたとのこと。

その人によると

まず、上水道は上がってきている。
今までの問い合わせで上水道がないといわれてきたのは請求の関係と、事情が分かる人があまりいないためではないか。
本来ならばここは水圧が足りないためアパート建設は不適切な場所。
そのため1本(隣の一軒家+うちのアパート)の水道管を不動産屋が勝手に分配。
量水器(メーター)は不動産管理だが市のマークがある→上水道という認識。

だそうです。
んで結局水自体は上水道だということが分かったのですが・・・。
んじゃ原因は何なんだ~?!というところです。
最近はサボって半分シャワー生活に戻ったからか調子も悪いし。
もし水道が原因だとすれば分配されてからうちまでの、市が関係していない部分かぁ。
やっぱりストレスということにしておきます。
[PR]
by floating_t | 2009-02-17 23:14 | せいかつ

龍の子太郎

b0062019_11375373.jpg劇団前進座さんによる「龍の子太郎」という演劇をみさせてもらいました。

お話自体は有名なようです。
知りませんでしたが…。

10人弱の一行が織りなすステージは圧巻。
音・光・台詞・動き・セット…。すべてがうまぁく絡みあった素敵なステージでした。

地元団体の低学年向け鑑賞会ということもあり、会場の大半は子どもたち。
あんなに大勢の子どもたちを2時間飽きさせることなく惹き付けるのはもちろん、激しい動きやあの声量はホント、さすがプロという感じでした。

こういういい舞台が近くで見られるという機会があることは本当にいいことです。
山口のこどもたちって恵まれてるなぁって思います。

もちろん、その裏にあるいろんな人たちの尽力や愛も忘れちゃいけないなぁと、こういう仕事をしているとつくづく感じます。
[PR]
by floating_t | 2009-02-13 22:36 | あそび

少し早い別れの季節。

誰もに「そんなことないやろぅ」って言われます。
「本当ですよ」って言ってもみんな信じてくれません。
が、友達を作るのが苦手です。

せっかく縁あって最近仲良くなれた方の県外への異動が決まりました。3月1日付だそうです。
まだまだいっぱい話もしたかったし、いろんな予定を決めて楽しみにしてたから、その急な異動が残念すぎてたまりません。

これから春にかけてまた見送る側としての別れの季節がやってきます。
あぁ。
苦手です。この時期。

別れがあればもちろん出会いもあります。
が、やはり別れるのってつらいなぁ。
[PR]
by floating_t | 2009-02-12 20:10 | おもい

特効薬。

b0062019_11545916.jpg
小さい頃から万能薬だと信じて疑わなかったオロナインも心の傷には効かなくて、そうゆう時にはここにくる。
逆のときにも。
久しぶりに見た古い建物は前に来たときと全然変わらない存在感と安定感。積み重ねてきた歴史と移り変わっていく街を見守る大きさ。
凹んでる場合じゃなくて、んじゃ明日何するかを考えよう。
[PR]
by floating_t | 2009-02-09 11:54 | おもい

まぁ。税金使うほうも使うほうですけど。

今日は職場で嫌なことと、いい事と、ありえない事がありすぎて、頭の中がグルグルで、それじゃなくても熱が出る予定で、ひとり「どっか~ん」ってずっと言っていたら若い子に心配されました。

まだぜんっぜん整理ができんけど、あり得なさすぎて意味分からん。
もろ行政色の強い今の職場にて。
来年度私がやめるということを知った責任者が採った選択は「仕事をしない、できない職員を任期を延ばしてまで雇用すること。」
う~ん。その選択、理解不能。
まさか気づいていないのか?それともこの不況で職を失わせることを憂いたのか?
いずれにしても圧力による決定であることには間違いなく、それによって他の職員に多大なる負担と迷惑がかかることも明確。

その人の給料、ほとんど皆さんの税金ですよ?
毎日コーヒーを10杯も20杯も飲んで、新聞読んで、書類一枚まともに作れなくて・・・。
むしろ迷惑かかってる人なのに。
なんで?
[PR]
by floating_t | 2009-02-08 23:08 | しごとも

何のためにあるのか。

設立の目的も今までしてきた活動も、きっと必要なことだっただろうし、いいことだと思う。
だけど今、本当に必要なのはどれ?
会費も責任もないから赤字だろうが失敗だろうが関係なく、やりたいことを言うだけ言ってお客様。面倒なことは全部あの子にやらせとけってな具合で人任せにやって、文句は言うけど、おいしい目にはあいたい・・・。

そんなことができるんなら誰だって会員にも理事にでもなる。
今を変えようともせずに毎年自動的に入ってくる税金からなる助成金を使い潰す。

「だってあなたたちは仕事でしょ?お金もらってやってるんでしょ?」
は?それすら違う目的の税金ですけど。その仕事の為に雇われてもいなければ、する必要もないし。それなら会からお金もらってあなた方がやれば?

「市民のため」だとか言いながら市民のことを考えて、動いてる人はどれだけいますか?

その会の理事にならしてくれなんていいません。
そのお金と優遇される権利を1年分私にくれたらいいのに。
そしたら絶対こんな無駄にはせんのに。
[PR]
by floating_t | 2009-02-08 22:50 | おもい