<   2008年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

どねぱ

b0062019_11181076.jpgお手伝い

8年前、ふらっとさぽに入ってきた菊池さんとなぜか居酒屋で飲んだのです。その時は変なおじちゃんがいるんだなぁくらいでした。
数年後、そのおじちゃんはドネパの講師として「協働」について講演をしていました。

行政マンがいることを知った上での歯に衣着せぬ講演はとっても分かりやすくてテンポもよく、みんな一生懸命聞きいってました。
雨の中1日撮影係。
やっぱ現場は楽しいっ!
[PR]
by floating_t | 2008-11-29 11:18 | かつどう | Comments(0)

スープフル

b0062019_942957.jpg
赤チキン。
おなかペコペコやし女性の多いお店だから「ごはん大盛り」。
多すぎた…。
やわらかく煮込まれたおっきなチキンに、丸ごと入ったジャガイモ、めちゃでかいピーマンetc野菜もいっぱい。
初スープカレー満喫♪上手に食べれんかったけど。
[PR]
by floating_t | 2008-11-26 13:04 | たべる | Comments(0)

長寿寺てづくりいち。

b0062019_944274.jpg
よく聞いてはいたけど、はじめて来ました。

紅葉がきれいで、お寺の入口の素敵な空間にはお洒落なママたちがいっぱい。
くるとこ間違えちゃった感じ。

コーヒーで目を覚まして次の約束へ。
ケーキもめちゃうまでした。
[PR]
by floating_t | 2008-11-26 10:50 | あそび | Comments(0)

直島

b0062019_162450.jpg1日で満喫し、フェリーで宇野へ。

この島、何が良かったかって、整備されたアートや施設はもちろん、やっぱり“ひと”です。
旅ではただそこを訪れるだけでなく、その地の人と触れ合ったり、生活を知ることも楽しみのひとつです。

民宿のおばちゃんもそうだけど、朝ごはんを食べたふじ屋のおばちゃんたちも、犬の散歩してたおばちゃんも、とっても親切でした。

毎日のようにたくさんの観光客が来て生活領域に入ってくることが普通なのか、それを楽しんでいるのか、直島弁?(関西のイントネーションに近く最後は“が”)で気さくに話をしてくれます。
制作過程やおもてなしも含め、商売をしていない年配の方までもが“現代アート”でまちおこしをしている小さな島で主役のひとりとして輝いています。

山口から来たというと東京や広島から来る人は多いけど下から来るのは珍しいと驚いていました。そうなのか山口?2001年にあった「アート・イン・ザ・ホーム」なんかは家プロジェクトと近い気がしますけど。

まちづくりやアートに興味がある人たちが「一回は行っとかなきゃ」って言う意味が分かった気がする1日でした。

プロジェクトについてはいろんなHPを勝手に参考にさせてもらいました。
http://forum.inax.co.jp/renovation/forum/repo013-naoshima/report013.html
http://www.museum.or.jp/announce/20061006/map.html
[PR]
by floating_t | 2008-11-23 23:55 | あそび | Comments(3)

直島観光3

b0062019_12512876.jpg家プロジェクト「南寺」by設計:安藤忠雄氏/作品:ジェームズ・タレル氏
地中美術館にも関わっているふたりのコラボワーク。
“寺”っていう感じはしない建物。
と思ったら、新築だそうです。以前ここにあった南寺の名前をつけて、土地の歴史と現在を繋げているとか。
真っ暗な中を壁伝いに入り、しばらくして目が慣れると光が見えます。
最初からあった光のはずなんだけど、私がそれを認識したのはとても遅く、そのあともかなり不安定。一緒に行った4人でも時差があって、人間の能力の差を痛感。えぇ鳥目です。
ぱっと暗い所に入ったら何も見えません。その無能さはもちろん、そのことによる恐怖感というのはとても大きいのです。

b0062019_12593188.jpg
道端で紅葉する楓もきれい。
この時期の特別です。

b0062019_1314921.jpg
家プロジェクト「はいしゃ」by大竹伸朗氏
このボロボロの民家に自由の女神が住んでいることは外国の人にとってとても滑稽でユーモラスなことのようです。
アートって難しい。

b0062019_1352660.jpg
町営の循環バス。
もう少しポップなのと2台がまちを回っていて、観光客を運んでくれます。
他にもベネッセが運営しているバスも走っていました。
[PR]
by floating_t | 2008-11-23 22:30 | あそび | Comments(0)

直島観光2

家プロジェクトは6か所。1000円の共通パスを購入すると1か所400円のプロジェクトをすべて見ることができます。
まずは「予約が必要」と聞いていた「南寺」へ。
ナイスおばちゃん!
私たちがもらったのは約1時間半後の13:45の整理券。南寺を出た後他の所で聞くとすでにその日の整理券配布は終了していました。ノープランのまま行っていたらきっと見れてませんでした。ここ大事なのに。

b0062019_12315699.jpg
路地を入ると家プロジェクト以外にも町屋や古民家を利用したギャラリーやカフェなどがたくさんあります。
大きな街ではないので、同じところを何度も何度も通ったり、さっき向こうで見かけた人をまた見かけたりします。

b0062019_12333717.jpg
「よいち座」さんの空き缶アート。気さくなおばちゃんがいました。
ホントに空き缶を使ってるこのアート、ここだけじゃなく、いろんなところで見かけました。


b0062019_12351828.jpg
家プロジェクト「護王神社」by杉本博司氏
階段がガラス?!石室の中はかなり幻想的でしたが、ここは…。これを拝むのはちょっと躊躇してしまいました。
入口の狛犬や木々に覆われてると景観としては馴染んでます。

b0062019_12423480.jpg
神社のそばから見た風景。きれ~。
上がるの結構しんどかったからその分美しく見えます。


b0062019_1244984.jpg
お昼御飯はホワイトカレー。
私は朝食べた親子丼が残っていたのでパス。
サラダも含めハートがいっぱい♪
[PR]
by floating_t | 2008-11-23 22:26 | あそび | Comments(0)

直島観光

まず訪れたのは「地中美術館」http://www.chichu.jp/index.html
私も昔やってた進研ゼミでお馴染みのベネッセコーポレーションが直島で運営しているアートサイトの一角です。
建物は安藤忠雄氏。
展示はクロード・モネ/ウォルター・デ・マリア/ジェームズ・タレル という3名の作品でした。

4点の巨大画が飾られたモネの部屋の足元には70万個の大理石のキューブが敷き詰められていたり、ドアはすべてブリキだったり、随所にこだわりのある建物。
「地中」という言葉に明るいイメージを持っていないのですが、それを感じさせない清楚さと洗練された建物。接客スタイルも含め、無機質に感じないこともないけれど、選び抜かれた作品を見るためだけの贅沢な空間。

作品はどれもとても興味深くて、特にジェームズ・タレルの「オープン・スカイ」はとても簡単に作られているようで、いつも見る空の表情をその時その時で芸術として感じることのできる素晴らしいアイデアだと思いました。きっと1日座ってられます。

その後歩いたり車に乗ったりしながら島を散策。
ここからはざっと写真で。
b0062019_1432711.jpg
直島町役場。
石井和紘氏の直島建築プロジェクトのひとつ。
観光地(家プロジェクトのチケットを売っていたり、トイレ利用があったり)なので日曜にも関わらず会館。職員さんは普通にパソコンに向かって仕事をしているだけでしたが、それはそれでうまい使い方です。

b0062019_145214.jpg
巨大ゴミ箱。
なんと4m以上の大きさのオブジェが山の中にありました。
中に入っているものもかなりリアルに表現されてて、
シドニーオリンピックの記事があったり、安売りのチラシがあったり。


b0062019_1464634.jpg
街じゅうの家やお店にはられていたサイン。
屋号?あだ名?
表札は別に付いていました。

b0062019_14103866.jpg
猫がバケツからお水を飲んでるのがあまりにも可愛くてつい。
[PR]
by floating_t | 2008-11-23 22:20 | あそび | Comments(1)

ちょっと早起き

b0062019_13211661.jpg
真美とふたりで朝ごはんを食べるところを探しながら民宿の近所を散策。
今日もいいお天気になりそうです。
気持のいい朝。海もきれいです。

犬の散歩をしていたおばちゃんとも会話をしたり、今日の観光プランをおさらいしたり。

なんだか派手なテントがあるなぁと思ったら「銭湯プロジェクト起工式」と書いてありました。
ここは民宿が多いし、同じ目的を持った人たちが交流する場としても銭湯があると楽しみが増えていいなぁって思います。

b0062019_132266.jpgガラス張りの旅客ターミナル「海の駅」や「赤かぼちゃ」「BUNRAKU PUPPET」は直島の玄関口にたつアート。じっくり見ました。
「赤かぼちゃ」は草彌弥生さんという方の作品で、このあと、同じく「黄色かぼちゃ」というのも見に行きました。
「BUNRAKU PUPPET」は直島で継承されている女文楽をイメージしているそうです。

10時、あとの2人と合流し、食事を済ませ、いざ観光へ出発。
[PR]
by floating_t | 2008-11-23 09:00 | あそび | Comments(1)

直島上陸。

b0062019_1153333.jpg
予定では昼のフェリーに乗るはずでしたが、「ま、直島は明日1日ゆっくり回ろうぃね」なんて言って寄り道をしているとあっという間に夕方。5時になるともう真っ暗です。
途中買い物を済ませて7時前のフェリーで直島へ上陸。
本日の宿は船着場からすぐ近くの民宿「田舎家」さん。

b0062019_11554191.jpg食事は併設の居酒屋さんで。
遅くに入ったため他の宿泊客の方との会話には乗り遅れましたが、ここでも4人でしゃべりまくり。
もちろん直島観光もノープランのため、食事をした併設の居酒屋でおばちゃんに聞きます。
地図を広げて一生懸命説明をしてくれたため、即席プランの出来上がり。かなりいい感じで回れる予感。ナビゲータはもちろん真美さん。
[PR]
by floating_t | 2008-11-22 23:30 | あそび | Comments(1)

尾道から2号線を通って

b0062019_11434929.jpg
福山市「鞆の浦」へ。
とても素敵なまちなみです。
本日の到着地はまだまだ先のため、めちゃ駆け足で回りました。
どうしても“まちづくり”目線で散策してしまい、置いて行かれます。。。
次回はゆっくりきたいまち。


b0062019_113502.jpg 「崖の上のポニョ」の舞台と言われていて、こちらもたくさんの人が散策中。
施設だけでなく、路地や軒先も含め、皆さんまち全体を見てまわるという感じです。
現在は坂本竜馬の謎解きウォークラリーが開催されていました。

港からよく見えるところに、大きく
「生活権優先」
と掲げられていました。
とても静かだった町が観光で賑わうのはよいこと。
でもそこに生きている人の生活があってのまちなのです。
[PR]
by floating_t | 2008-11-22 15:07 | あそび | Comments(0)