<   2008年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

いのちの食べ方

b0062019_13584219.jpg西京シネクラブさんの10月特別例会“「食」から世界を考える映画特集”へ行ってきました。
『おいしいコーヒーの真実』/『ファーストフード・ネイション』/『いのちの食べかた』の全3本の上映で今日が最終日。先に上映された2本はどうしても都合がつかず、何とかこれだけでも!と前々から決めてました。

別に何も考えてなかったのですが、車の中にたくさんチケットがあったので朝からいろんな人を誘ってみました。いつものように突然で急なお誘いをしてみたら、これが誰も捕まらない。
よく考えると3連休前の金曜の夜。そりゃ予定あるわなぁ。最近曜日感覚があまりない(連休感覚が殆どない)ので全然気にしてませんでした。

ちょっと早く着いたのでロビーでフェアトレードのコーヒーを頂いてホールへ。約500人くらい入る会場で、今日4回目の上映ということもありどうかなぁと思っていたけど、関心を持ったたくさんの方がいらっしゃいました。
上映の前に「厳撰素材と雑穀レストラン&カフェ月光荘」の田中さんのミニトークがあり、その後上映。

92分間のドキュメンタリーである『いのちの食べ方』はとても衝撃的な内容でした。
まず何がって、映像が。大量にかつ計画的に飼育された牛や鳥や豚や魚が屠畜され、解体されていく(肉になっていく)映像。それから広大な栽培地での農薬頒布の様子。そしてそこで働く人たちの日常的な一面。

実は虫とか血とかグロイのとか大の苦手です。が、屠畜や農場の映像を見ていて、とんでもない人間の知恵に感心している自分がいました。
大量に生産、加工するための機械やシステム化など。初めて見るものすごい規模の働く車(特にレタスの車)や、オートメーションされつつもどこかに人間の目と手がないと処理できない食用にされるまでの流れ作業機器、薬をまいたり収穫をするための農機など。そしてあまりにあっけなく残酷に思えない屠畜の様子。

田舎出身の年配の方で昔鶏をしめるところを見てから鶏肉が食べられないという話や、猪をさばくのは大変だと聞いたことがあります。
それを思うとパックや包まれた肉しか知らない私たちはその残酷さを知らずに済んでいるのです。ここにも色んな考え方があると思います。
■知らずにパックになったおいしい肉だけ食べられるなんて恵まれている。
■その残酷さを知ったうえでこそ感謝して食べられる。
■そんな残酷に作られた肉を食べることすら間違っている。などなど。
以前アイガモ農法の実習をしていた友人が、米の収穫が終わってそのカモたちを食べるまでが実習なんだと言っていました。
おいしい米を作るために頑張ってくれたパートナーであるカモたちを食べることはきっと悲しいことなんだけど、それが自然の食物連鎖の世界でもあるのかもしれません。

それでも、正直私はお肉がすきです。でも動物をさばくことは自分ではできません。私だったら絶対にできない、やりたくないその汚れ仕事をして生活をしている人たちがいるから食べられるというのも事実です。
ただ、やっぱりこの映画にでてくる映像、生物がおもちゃのように生産され屠畜される様子も、あの広大な農業も、どこかわからない塩採掘の様子も、どこかおかしいと感じざるをえないんですよね。

あとは、「なにを選ぶのか」。
これだけ異物混入やら産地偽装やらが頻発している昨今で、自分が自分の責任において選び、それを頂く、それしかないんですよね。
“おいしいもの”という感覚は最近“安全・安心なもの”という形容に変わってきているように思います。それは精神的なものでもあるかもしれませんが、とっても大事なことで、必要なことだなぁって最近折にふれ考えさせられます。

しかしさすがにこの映画を見た後にお肉は無理でした。
珍しくしかけておいた炊き立てのごはん(周東産)とスープ、安全な野菜で充分です。
いただきます&感謝(^u^)
[PR]
by floating_t | 2008-10-31 23:54 | おもい | Comments(0)

おすそわけり。

b0062019_8594264.jpg

先日稲刈りをしたお米と、今日届いたお野菜
[PR]
by floating_t | 2008-10-31 18:30 | せいかつ | Comments(0)

秋の空

b0062019_1230464.jpg

そろそろ暖房器具が必要です。
[PR]
by floating_t | 2008-10-29 12:30 | Comments(0)

山口ウインドオーケストラ

b0062019_16441154.jpg定期演奏会。舞台横から少し拝見させてもらいました。
おぉ!あんな人やこんな人もいたりして驚きです。
吹奏楽は大好きで、最近は中学・高校・一般と聞かせてもらう機会が多くあります。

今日は一般の団体のメモリアルコンサート。
何故か受付として働いてみたり…。みんなが主役(出演者)なため、当日運営面は弱いかんじです・・・。

学生に比べてノリ的なことは少ないけれど、しっかりと聴かせてくれる演奏で、「吹奏楽やちょきゃな~。」ってまた思いました。

b0062019_16411657.jpg

こちらは客席から。ドラムのソロは圧巻でした。
そして、一ファンとして楽しませてもらった後は鬼職員。大急ぎで撤収作業。すみません。
[PR]
by floating_t | 2008-10-26 16:56 | しごとも | Comments(0)

何気に。

嬉しかったできごと。
遅めの帰りに寄ったスーパーで、レジのおばちゃんが最後に言ってくれたひとこと。

「おつかれさまでした。」
あんな時間にこんな買い物して帰る女子が可愛そうに見えたのかもしれませんが…。

今日のレジの人は初めましてなひとでしたが、その一言が帰路をいい気分にしてくれました。
[PR]
by floating_t | 2008-10-26 00:23 | Comments(1)

中3の文化祭

思い出した。
舞台袖で聞いたサックスのメロディと泣きながら戻ってきた顔は今でも全然忘れられなくて、曲を聞く度にあの日のことを思いだす。どちらかというとイタイ1日だった。

b0062019_8343757.jpg
中3男子6人編成のバンド。
イマドキの子たちが奏でるちょっと渋いセレクト。
恥ずかしくて「いくぞぉ!」って言えなかったり、どこ見ていいかわかんなかったりしながら進むリハーサル。
やったことないことに打ち込んで形にすることはもちろんステキで、熱い指導者がいること、めちゃ恵まれた環境と才能がこの短期間での成果につながってるはず。
[PR]
by floating_t | 2008-10-24 18:40 | おもい | Comments(0)

カレーぱーちー

b0062019_8333913.jpg
Shivaのプロン・キーママタル・チーズ&ほうれん草
ぶるうべるカレー
そして手作りジャマイカンカレー

ナンも手作りだし、骨付きラム焼きも。
めちゃうまっ。
[PR]
by floating_t | 2008-10-22 20:00 | たべる | Comments(2)

食べたいときに

b0062019_21113514.jpg
食べたい万吉。
食べれるしあわせ。
一緒にいってくれてありがとう。
[PR]
by floating_t | 2008-10-21 21:11 | たべる | Comments(0)

思い出した。

“クレームの処理”で思い出したことがあります。
公的な場所で働くことがあると、クレームを受けることもしばしばあります。今の職場でも「融通がきかんっ!」と言われたり、「何とかしてください」と言われることがあります。
大抵なんとか受け流したり、ひどい時は上に相談することで解決をするのですが、これまでに受けたクレームの中で唯一後悔していることがあります。

それは、2006年に山口県で行われた大行事での出来事。
基本的には事務所で留守番、それこそ開催初日と2日目くらいは鳴り止まないクレームの電話を一人残された事務所で必死に受けていました。(臨時職員ですけど)
「バス停の位置が悪い」「駐車場が分かりにくい」「説明が足りない」etc。直接関係のないことまで、とにかく多かったのです。
そんなある時、お父さんと2人の子どもの3人が紙を持って事務所に入ってきました。
「スタンプラリーしてきたんですけど」って。
そのスタンプラリーはうちの主催ではあったものの、景品(バッヂ)の引き換え所は事務所ではなく、1~2kmくらい離れた場所でした。
「すみません。ここじゃないんですよ」
というと、お父さんから言われました。
「子どもたちにとってはとても大変な距離でスタンプを集めてきたのに、こんな分かりにくいこと書いていてふざけるなっ」
それでも私は謝るしかなく、悲しそうな子どもたちをそのまま見送りました。

なぜそんなことをいつまでも後悔しているかというと、今となってはそこで、事務所にあるバッヂなり、ノベルティなりを差し出すことができなかった自分にとても腹が立つからです。
せっかく一生懸命広い会場を回り、会場から離れた事務所までやってきてくれたのだから、そのくらいの気は利かせるべきだったのです。今考えると、当たり前じゃんって思うくらいの出来事なのに、その時の私には余裕がなく、お父さんのプライドも、子どもたちの心も傷つけてしまい、本当にいけなかったなと思ったのです。
思い出すたびに少し心が痛みます。

最近、「悪かったな」と思うことはいつまでも自分の心の中に罪悪感として残るものなのだなと感じてます。小さい頃に友達と悪ふざけでやっていたあんなことや、物心ついてからのこんなこと…。ふと思い出してしまっては一人凹みます。
誰かに迷惑をかけたり、傷つけたりしたことは特に。
それでも今でも気づかないうちに人を傷つけたりしている進歩のない自分がいたり・・・。そんなことを考えていたらあっという間に年月が過ぎています。
[PR]
by floating_t | 2008-10-21 13:50 | おもい | Comments(0)

クレーマー

今日はお休みだったので、朝から2件のクレームを処理した。
という表現はきっとおかしい。
2件クレームをつけたと言うのが正解かもしれない。

■その1
4月ごろ、急に家電が使えなくなった。
インターネットは問題なく使えていたし、機械が古かったので機械の故障だと思い、使えないまま半年。
やっと代替機を用意しつなぐと・・・。
やはり使えない。どころか「回線を接続してください」とメッセージ。
さすがに回線を見てもらおうと朝イチでNTT修理センターへ連絡。
午前のうちに修理の人がやってきた。
部屋の回線を少し確認するとすぐ外へ。結局外のケーブルか何かが悪かったので、局に戻って切り替えますとのこと。
は?!意味分からん。
「ネット使えるし、機械が悪いと思って半年間払い続けてた使用料は?」
って聞くと、故障のお申し出があってからが故障期間なので・・・と去って行った。

納得がいかず問い合わせセンターへ連絡。その後
「普通機械古くてネットつながったら回線が悪いと思いますか?機械壊れてると思いますよね?だから機械変えてみて、それでもおかしかったから連絡したんでしょ?それはお宅の管理ミスでしょ?」
「そうですね。でもお申し出があってからが故障期間なので・・・」
というやりとりを3人×何回もしました。
最後の人はクレーム処理班のベテランさんらしきおじさん。
専門的なこととか混ぜつつずっと謝り、「もういいです」っていう状況に追い込まれた。
アパートの回線から各部屋までの1回線が二つに分かれてきとるとか知らんしっ!!
電話機は2つになるし、まろんの里親探しのときは壊れとるし、やっぱり納得はいかんけど。

■その2
9月末に楽天で注文した商品がいつまで経っても届かない。
いくつか頼んだうちのひとつは確かに10月上旬と書いてあったものの、既に10月は下旬になっている。お届けが遅れますとの連絡もない。
ふと思い出さなかったらきっと届いた時に「何これ?」って思うだろう。
2日前にメールで問い合わせをしたものの音沙汰なし。
いい加減おかしいぞと思い電話をすると、
「あ~、○○のご注文ですね。これ、注文が殺到して入荷が間に合ってないんですよ」とさらっといいやがった。
「いやいや、すでにサイトでは10月下旬分の注文をうけてるし、連絡もなしにそれはないでしょ。」
「すいませんね~。皆さんに連絡できないんですよ。」
って・・・。
「他のものも頼んでますよね?それも合わせて10月上旬って言うから買ったんですけど、他のもの先に送ってくれません?」
「わかりました。すみません」

まぁ、カード決済もすんでるし、欲しい物ではあるから少々待つけど、連絡してこないのとか態度にムカっ。
とりあえず一緒に頼んだ他のものを送ってもらう事で一段落。
って、あとの物はいつくるん?って感じですが。


てな感じのやり取り2件。
自分ではクレームっちゅうか正しいと思ってるわけですが、こういうのを世の中ではクレーマーっていうんでしょうか?
[PR]
by floating_t | 2008-10-21 13:38 | せいかつ | Comments(0)