<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

衝動買い。

b0062019_21173057.jpg祭翌日の休日。
温泉でのんびりした後は商店街へ。

「浴衣の帯がほしい!」って希望について行っただけのハズが…。
買っちゃいました。
予定はないのに…。

実は去年から気になっていたシリーズで、ちょっと着せてもらってたら欲しくなるに決まってます。
結局最初から気になっていた渋ぅいやつに決定。

ちょうど遊びに行こうと思ってたちょうちんまつりでデビュー。
まつりはいつも参加する方なので、浴衣来て遊びに出るのはいつぶりだろぉ。

楽しみですっ。

それにしても、最近浴衣って、とってもお手頃です。
普段着にどうでしょう?

こないだTVでみました。
京都では仕事が終わって浴衣を買ってその場で着替え、そのまま祇園祭に繰り出す人も多いとか。そんなとっても粋な文化ができるくらい浴衣は値段的にも着衣としても身近なんですね。
いいなぁ。祇園祭。
[PR]
by floating_t | 2008-07-28 21:17 | あそび

おまつりウィーク終了。

今年の山口祇園祭は日曜日に始まり日曜日に終わるという、なんだかおまつりらしい曜日での開催となりました。

山口祇園祭は、大内弘世が京より勧請した祇園社(八坂神社)の例祭で、約650年も続いている伝統あるお祭りです。
この1週間、神様は神社から街なかの御旅所に遊びに出るのです。

以前は1週間毎日がお祭で、古くは連歌会が行われたり、子どもたちの夏の大イベントだったそうですが、近年では初日20日の御神幸、中日である24日の総踊り、最終日27日の御還幸の3日間のみイベント事があったり商店街で夜間営業をしていたり、露店が出ていたりします。

それでも御旅所にはずっと灯りが灯り、期間中はいつでもお神輿を拝見、参拝することができます。

お祭り好きな私はもちろんこの季節が大好きなのですが、今年は数年ぶりに3日間フル参加することに。

まずは御神幸での御囃子演奏。
そして「アートふる春秋会」として総踊り。
最後は女神輿の担ぎ手。

我ながら元気じゃん。と感心してしまいます。
もちろん祭にはお酒がつきものです。お神酒やビールなど、頑張ってるときに飲むお酒はいつも以上においしくて、ついつい楽しくなってしまいます。

久しぶりに3日間通して参加してみて、感じたことがあります。
それは、私が山口に来てからの数年間でもお祭りが少しずつ淋しくなっているという事。
私にとっては祇園祭は身近なものなのですが、山口市民でもこのお祭りを知らない人や、参加したことない人、来たことすらない人がたくさんいるのです。
そして参加者も年々減っているように感じます。県内ではメディアで取り上げられることも多いし、PRもよく見かけます。それなのに“まつりを楽しむ”人が少ないように思えます。
たとえば京都の祇園祭や高知のよさこいまつり、徳島の阿波おどりなんかだと、参加者はもちろん、見物席があって、そこからお客さんが楽しんでいます。山口のお祭りにはそういった場所や、それだけの見どころがないというのもお客さんが少ない理由でしょうか。

それにしても今年の神輿3基での集合回転はめっちゃかっこよかった!
今年が初めてだったそうですが、これは山口人なら絶対見とかんと!ってくらい。
来年もまつりは7/20(月・祝)~27(月)まで。
なくしちゃいけん伝統です。
[PR]
by floating_t | 2008-07-28 06:37 | かつどう

祇園祭最終日 女みこしに参加。

b0062019_13174827.jpg
数年ぶりに女神輿へ参加。
最終日となる御還幸では3基ある神輿のうち、一番小さな“四角(よんかく)”を女性だけで八坂神社まで運ぶのです。

参加するたびに肩を痛め「もうやらない!」と思うのですが、出るとめちゃくちゃ楽しいのです。それが病み付きになって各地のお祭にいく人もいるくらいだそう。

担ぎ手の募集人数は90人。
今年は100名以上の応募があったそうですが、法被の数がないということで断ったそうです。もったいない!

夕方5時、商店街にある施設に集合して準備。

山口の女神輿はとても恵まれています。
すぐお隣の防府であるお祭りでは“完全御奉仕”なので練習があったり、髪結いや法被のクリーニングも自分たちですると聞いたことがありますが、山口では貸してもられる着替え一式はそのまま返却。髪結いやまつり化粧は美容組合の方がやってくれ、事前事後に軽食や飲物が用意され、車代までいただけます。

こんなに恵まれてていいのかしらってくらいですが、できればその費用を法被の新調などに使ってくれたらいいのになぁなんて思います。これは隊長の切実な願いでもあります。

準備が整ったら神様が1週間すごした御旅所へ。
御旅所に集まっている六角、八角を担ぐ裸坊の知り合いたちと一緒に写真を撮ったり、お神酒をいただいたりしてテンションアップ↑↑。

出発式で気合いを入れ、いよいよ出発です。
女神輿は30人1グループに分かれ、3つのチームが順番に担ぎます。
私たちは普段はプリティなお花屋さんで総隊長率いるAチーム。

最初にスタートする四角の、最初に担ぐ組です。
男性陣のサポートを受け、ゆっくりとスタート。
たくさんの見物客やカメラマン、裸坊衆に見守られ少しずつ進みます。

お、重い!そして足がもつれる・・・。
「わっしょい!わっしょい!」と大きな声を出しながら練り歩き。
担がない2つのチームは大うちわで扇いだり、横で声をだしたりして盛り上げます。

途中では商店街や伝承センターの方がお茶などを用意してくださった場所で休憩したり、写真を撮ってもらったり、たくさんの方に支えられ、囲まれての巡行。

肩には激痛が走ってますけど、心地よい疲れです。
[PR]
by floating_t | 2008-07-27 23:38 | かつどう

いただきましたっ

b0062019_1341233.jpgたまたまお休みだった土曜日。

朝から日本青年団協議会主催の『青年活動推進コーディネーター養成事業・地域別研修inやまぐち』というプログラムの一部に参加させてもらいました。
西日本地域の研修会ということで、沖縄から関西くらいまでの青年団活動の方たちに混ざって、午前中は講義&実践報告をきき、午後からはフィールドワークということで阿東町の船方農場へ。
かなりタイトなスケジュールで、行ってすぐお弁当を食べていると牛乳とアイスの差し入れをいただきました。

自然の中で飲む牛乳はめっちゃおいしくて驚いた。
今度はゆっくり遊びに来ます!
[PR]
by floating_t | 2008-07-26 13:41 | かつどう

スパイダー

b0062019_13414477.jpg
船方農場の社長さん、坂本多旦さんのお話はめっちゃ長くて、でもテンポ良くおもしくろくためになるお話でした。

今山口の商工観光産業でも盛んに言われている第6次産業。
生産(1次)・加工(2次)・販売(3次)産業を、かけても足しても6。だから6次産業。
それを船方農場&グループ会社ではすでにそんな仕組みができていて、中山間地域ということを逆手にとった事業をされています。

それから船方農場で取り組まれてきたことetc
ひとつひとつ丁寧にアツく語ってくださりました。とても70前とは思えない元気さとテンションです。

そんなお話を聞きながらずっと気になっていたのがこれ。
私の座った席の横の窓にいました。めっちゃでかい!
女郎蜘蛛だそうです。
虫嫌いですが、窓越しだと強気です。これ、自分ちとかだと大絶叫ですが。

大きく張られた巣もとてもきれいで、なんだか景色とあっています。
1時間半の講義中に動いたのはたった一回。5秒程度で、あとはず~っと動かず。
なのに観察していても飽きず、社長の軽快なトークを聞きながらずっと見てました。
[PR]
by floating_t | 2008-07-26 13:41 | かつどう

夏遊び

b0062019_1712853.jpgまつり翌日。無理やり休みを取った“海の日”は早朝に集合して土井ヶ浜へ。

大学生、公務員、自営業etc 枠を超えたメンバーでの夏遊び。

おっきな車を運転して着いた浜では昼間っからビールを飲み、焼き奉行おまかせのバーベキューに、アウトドアっぽいカレーに・・・。
飲んでは波に揺られ、波に乗ろうとしては波にのまれ、そして食べて。。。そんな繰り返しを楽しむ。
泳げなかったはずだけどそんなことは関係なく、海に入ってるのはきもちいぃ!


一応大人組ですけど、きっと大人たちのほうがはしゃいでいたね。
なぜかって?
きっとこんなにのんびりと遊びを楽しめることが少なくなってきてるからじゃないかなぁ。
いや、なんだか気が抜けてたのか。

リフレッシュの代償はヒリヒリ痒い日焼け肌。
ん、でも何かいい感じの疲れ。
[PR]
by floating_t | 2008-07-21 17:01 | あそび

さあ始まりました!祇園祭

b0062019_14524062.jpg「さぁ打ちましょう そ~れ」
今年は真車山に乗り、能管デビュー。練習の成果があり、3曲とも完璧に(笑)吹けました。嘘です。何とか音は出ていたとおもいます。
ポジションのせいか髪をあげていたからか、ほとんど誰も気付いてくれません。てか能管、きつすぎる。鉦に戻りたい…。

今年は日曜日の上、天気がよいので人出は上々です。
悲しいことに、やはり年々参加者もですが、出店や見物客も減っているように感じます。
それでも山や鉾を見て、神輿を見ているひとたちの笑顔や拍手はとても嬉しくて、励みにもなります。

今年のお神輿は威勢がよく、商店街の中心部で四角・六角・八角の全3基が揃い、とても賑やかに大回転。ラッキーなことにそれを一番良いポジションから見学でき、感動です!!!(携帯が壊れているので映像は撮れてませんでした…)
そんなのを見ると、やっぱり祭はいい!担いでるひとたちってかっちょいい!って思います。

商店街の端までお囃子を演奏し、最後には引き手としてがんばってくれた子どもたちを鉾に乗せ、私たちも一緒に倉庫までひっぱります。

倉庫に山鉾を納めてご挨拶。
山鉾をひっぱってくれた皆さん、お祭を取り仕切る振興会の方、私たちのお世話をしてくれるコンベンション協会の方、観光課の方…etc
たくさんの人たちがつながり、協力して今年も事故なくお祭の盛り上げ役をつとめさせてもらうことができました。
本当に感謝です。

とても暑かった1日が終わり、そしてアツイ夏のスタート。
今年は祇園祭フル参加の年。
また祭女です。
[PR]
by floating_t | 2008-07-20 21:01 | かつどう

山口祇園祭スタート。

b0062019_1705450.jpg準備完了!

祇園祭当日。
私たちのお祭は朝7時に始まります。
1年ぶりに会う真車山と菊水鉾を実際の引き手さんたちと一緒に出発地点まで運び、掃除・飾り付けをするのです。

本番の逆行程で向かう出発地点は八坂神社。
まだ静かな商店街を通り抜け、竪小路をあがります。朝とはいえ陽射しが強く、年々引き手さんの数も減っている気がするので、小さな坂でもかなりの負担がかかります。

私たちは乗せてもらう立場なので、起きるのは大変だけど、この朝の時間、一緒に山鉾を運ぶのは結構大切だと勝手に思っています。
これがないと本当に本番だけの付き合いです。祭を盛り上げるには一体感も大事で、それぞれが自分の役割を果たすための挨拶とか礼儀とかそんなものも必要だと思うのです。
それにこの道のりの間、いつもはあまり話すことのない人たちとの会話も楽しめます。

到着するとあとは私たちだけでの準備作業。
1年間倉庫で眠っていたホコリを拭きとり演奏できるよう準備をし、写真を見ながら飾り付け。
なんとか形になりました。

今年は(M宮司が不在のため?!)天気が崩れる心配もなさそうです。
さぁ、夏のおとずれを告げる祇園祭がいよいよ始まります。
[PR]
by floating_t | 2008-07-20 09:00 | かつどう

FM山口スタジオ見学

b0062019_1337161.jpg

毎年10月に開催されアートふる山口。13回目となる今年は新しい試みとして、期間中会場となるエリア全体で聞けるミニFM放送を行う予定です。
私はその担当となる広報委員会というところに参加しているのですが、ミニFM以外にもポスターや当時配布するマップをつくったり、できたものを配ったり、イベントをPRしたりというのがお仕事です。

ミニFMの方は現在、アンテナ設置のお願いや電波テストなどの技術的なことや、当日放送するコンテンツを考えたりしているところですが、なにせ初の試みです。みんな手探り状態で進めています。

そこで、ラジオ放送のしくみを知ってイメージを分かりやすくするために放送局へ見学へ。
山口には広いエリアではKRY、NHK、FM山口の3つ、さらに下関や宇部、萩、周南などでは一定のエリアだけで聞けるコミュニティFM局があります。

私は普段車の中ではFM山口を聞いていて勝手に馴染みのある感じですが、今回はそのFM山口へ見学にいってきました。
普段は見学を受け付けていないそうですが、イベントの趣旨をご理解いただき、無理をお願いしての11名という大人数での見学です。

18時過ぎ、「Evening Street」生放送中のスタジオの前へ。

スタジオにいるパーソナリティは新井道子さん。
そして隣の調整室(というのかなぁ)では2人の女性が忙しそうに作業をされていました。
  
え?
毎日夕方3時間近くも生放送されてる番組、たった3人でやってるん?!
ってのが最初の驚き。
そしてさらに驚いたのは調整室にいる女性、ひとりはディレクターさん、もうひとりはレポーター兼アシスタントだってこと。

その3人で番組の生放送かかることすべて(音源入れ替えや音だし、原稿のチェック、リスナーからのメールチェック、最新ニュースの情報のやりとりなどなど)を行っていました。

失敗の許されない緊張した空間の中でテキパキと仕事をこなし、さらに私たちの質問にも気軽に応えてくださり、プロのすごさを目の当たりにしました。

そして10月の私たちの本番に向けての協力もしてくださるという心強いお言葉もいただき、生放送終了と同時にスタジオ見学終了。

いろんな面で参考になった反面、こんなことができるの??という不安も大きくなった人も多いみたいです。
が、私は大丈夫なんじゃないかなぁとまた根拠のない自信を持っています。確かに機材とか電波とかハードや技術的な部分はどうしようもないけど、これだけ熱い面々が力を出し合えばやってできないことないんじゃ~ん。って思ってます。
当日は「スタッフも楽しもう!」ってのがモットー。私のね☆
もちろん周到な準備は必要です。あと2ヶ月半。
当日が楽しみです。

今のところ両日ともガッチリお仕事シフトですけど・・・。
[PR]
by floating_t | 2008-07-14 23:30 | かつどう

塩豚

b0062019_18514442.jpg昨日13時間眠ったので大変な会議の後でもさすがに眠気はナシ。
やることやらなきゃな夕方ですが、色々済ませる前に晩御飯☆

以前オッズで食べてからそのうち作ろう!と思っていた塩豚。
実は数日前に豚肉をゲットし、ホームページとかを参考にして仕込んでいました。

つくり方はめっちゃ簡単でした。
豚バラブロックに肉の5%くらいの塩をよくすり込み、ラップでピタッと包んで冷蔵庫に入れるだけ。
次の日とかはドリップが出てるのでそれをふき取ってまたラップでピタッと包み直して数日おく。
にんにくやらハーブを一緒にくるんでもよいそうです。

そして本日、そろそろ食べごろなはずの5日目です。

初挑戦だし、本当に大丈夫なのか~?と不安はあったものの、少しだけ切って食べてみました。
油をひかずにフライパンにのせてじゅぅぅぅ。

b0062019_12374614.jpgうまっ!
塩が効いているので何も調理しなくてもそこらの焼鳥屋の豚バラよりおいしい!
こりゃ進みますわ。ビール。

いや、最近はもっぱらカルピスですけど。

ひとり暮らしだとお肉とか使いきれなくて冷凍庫に眠っちゃって、それを使うのが面倒だったりするのですが、これは保存もきくうえに色んな使い道があってステキ。

これ、豚肉じゃなくてもOKなのかなぁ。
またやってみよっとぉ。
[PR]
by floating_t | 2008-07-13 20:51 | たべる