<   2008年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

んで優太君。

b0062019_13443749.jpgお休み閑人なので遊びに行ってきました。
生後48日の優太君。
あまりおっきくなっていないけど、起きてる時間が長くなり、ミルクもしっかり飲んでます。
顔は…。パパにもママにもそっくりでちょっとカワイすぎる!
まろんはなんだかお姉ちゃんのようで、優太が動くとあやしたいのか近寄るし、優太にかまってると寂しいのかにゃんにゃん♪してます。こちらもカワイくて、動画撮っちゃいました。
ちなみにまろんさん、まだ優太よりおっきいです。
そして私、もしかすると猫アレルギー?!的症状発生。・・・ヤバイ。
[PR]
by floating_t | 2008-05-30 18:44 | あそび

子連れマナー。

b0062019_12355833.jpg和カフェでかなり食べた後の晩御飯は久々のバリそば。来るたびに「小にしよ」って思うのに、久々にきたら忘れていて、余裕で並を頼んだところ…。やはり食べきれず。
山口名物バリそばにはいくつかの店があり、その系列ごとに麺の固さだとか太さが多少違います。

それはさておき、今日食べに行ったお店、入口にも店内にもいろんなところに「乳幼児、小学生以下の入店はお断りします」と貼り紙がしてあります。店内には少し詳しく「店内で走り回るこどもは高齢者や障害者に迷惑となるので入店をお断りします」みたいな内容です。

ちょうど今ママたちが創刊に向けて頑張っている子育て支援情報誌があり、当事者のママたちが取材をする中で感じたことを聞きました。その一つに「お店や他のお客さんのこどもに対する理解」ってのがあります。

市内のあるお店が「やまぐち子育て家庭応援優待協賛事業所」として子ども連れウェルカムな対応をしていた時、ランチにきた子連れグループのお母さん達はおしゃべりに夢中で子どもに目が行き届かず、子どもたちは大騒ぎ。結果他のお客さんに迷惑をかけてしまうことがあったとのこと。
「子育て支援」を全面に出したことでママたちは安心でしょうが、善意での支援を権利だと思ってしまう人たちがいるってのも事実なのかなぁと思います。

場や時をわきまえることは子どもがいようといまいと、若かろうと歳とってようと必要なことで、その一部の人のマナー違反が同じような子連れママや若者すべてのイメージになってしまうってことなんです。私にももちろん身に覚えがあります。

それはたとえば「公務員って~よね」とか「おっさんやけ」とか「東京人は冷たい」とそうではない人すべてをひっくるめて呼んでしまうのと同じように、年配の人が「近頃の若者は」とか「若い母親は…」というのと同じように「子連れ=迷惑」というイメージが社会全体に浸透してしまう危険だってあるわけです。飛躍すれば温泉の入口でよく見る「刺青のある方の入店御断り」の横に「子どもを連れた入店御断り」って書かれてしまうようなもんです。

私が行ったバリそばのお店は元々高齢の方が多いからでしょうか、それとも前出のお店のような経験があるからか、ハッキリと入店を断っています。
その貼り紙を見ると少し哀しくなりますが、むしろそれで子どもが危なくなったり、みんなが嫌な思いをするくらいなら私はそれでいいと思います。そう書かれてしまっていることをただヒドイとかあの店は感じ悪いと思ってしまうのではなく、そんなお店が増えないように気をつけようって思うことが大事なんだと思うんです。

だってみんな子どもはかわいいし、小さい子って見てるだけで笑顔になります。
子どもを連れてるママが最低限のルールを守ることで、お店や他のお客さんには理解が生まれ、お互いに気持ちいい時間が過ごせるんならそれがベストだから。

ってなこと思ったりしながらバリそばを食べるわけですが、実際どうなんだろう?
周りにいっぱい当事者はいるので、そんな気分になってみたりするけど、当事者ではないのでイマイチぴんと来ない部分と、わかる!って思う部分が交錯していたりします。
そんな思いをいっぱい詰めた情報誌を作ろうって頑張ってるのはみんな当事者のママたち。
絶対敵わないなぁぁって思います。
[PR]
by floating_t | 2008-05-29 22:35 | かつどう

祝4周年☆

b0062019_12364574.jpg
一日バタバタした後、開店以来お客としてもスタッフとしても行っているお店の4周年パーティへ。

もう4年もたつのかぁ。
このお店ができる前のお店には2度くらいしか行ったことがない。だけど何だかそのお店すら懐かしい気分になり、このお店のオープンなんてついこないだのような気分なのに。

午後からのボーリング組に混ざり、夜だけ参加組の私。フォーラム打ち合わせの合間に思いついたプレゼントはめっちゃステキに仕上がりました。
「行ったことないけどイメージして作った」って、さすがアーティスト!期待を裏切りません。

ノリノリで飲んで喋って食べてたら・・・。疲れてました。あっという間に酔っ払いです。
初めてゆっくり話した地元の若い子やその友達、お店の常連さんたち、いつもの飲み仲間・・・。
“自分ヤバイ”と思ったようで、いつの間にかしっかりと代行を呼んで帰宅です。
日本1の幹事もいて、とっても楽しい時間でした。
翌日は珍しく夕方まで二日酔い。 おいぉい。

ままさん&マスター
4周年おめでとう。
いつもありがとう。
これからもよろしくね☆
[PR]
by floating_t | 2008-05-24 23:36 | あそび

徳地フォーラム そして・・・

b0062019_1134377.jpg先日ここで告知した「山口市まちづくり基本条例素案(中間案)」地域フォーラムの一発目となる徳地地域でのフォーラム無事終了☆
朝イチにみんなで一緒に会場に乗り込み、準備・打ち合わせ・リハーサルをし、準備万端。館内にあるレストランでどんな方が来るか楽しみに昼食。こんなのもまた楽しい時間です。

開始時間が近づく。天候の悪さのせいか、それとも内容か、人の出足は少ない…。
どちらかというと関係者や行政の方が多い中、今年自治会長となったのでどういうものか知るために来たという方もいらっしゃり、実際に地域で活動している方が悩んでいるお話を伺うことができました。
徳地・湯田・名田島という3か所での開催のうち、今作っている条例に対して一番遠い感覚があるであろう徳地の方々の思いが少しでも近づくような内容の条例ができればいいし、それを自分たちのこととして少しでも身近に感じていただければいいなと思ったりします。

そして真逆の説明者側の視点としては…。
やっぱり、「条例ちゃなんか」ってオーラの人を前に条例のことを話すのは大緊張。
台本通りの説明はともかく、質問に答えたり、自分の思いを伝えるっていうのはとても大変です。このフォーラムに関しては“市民の目線で”というのが前提にあり、助けてくれる方々もたくさんいるのでなんとか進むものの、本当毎回それをライブでやっている行政のかたやら企業のかたやらには頭が下がります。

b0062019_10053.jpg
フォーラムが終わってほっとした帰り道。
少しよりみちして話題のソフトクリームを食べに行っちゃいました☆
「あさむらいちご園」のイチゴソフト。ベリー系5月中で終わっちゃうらしく、いいタイミング♪
生のイチゴと手作りジャムがのったソフトクリームは甘さ控えめ。ワッフルコーンを食べ進むと最後に幸せのいちごが登場します。
あいにくのお天気にも関わらず、私たちがいる間だけでもたくさんの人が美味しそうにたべていました。

最近徳地地域のいろんな魅力を発見しています。
いつも実家へ帰る抜け道としてドライブをするのですが、もちろん車の多い国道をずっと走るよりとぉっても気持ちよくて、お天気のよい昼間は必ずといっていいほど徳地を通り、たまに車を止めてぼぉっとしちゃいます。
広い山口市ではこの地域が“田舎”と言われることもしばしばですが、フォーラムの中でも「生活に不便がない」という言葉が出てきたとおり、山口市内の“田舎”と呼ばれる場所は“近代的田舎社会”な部分が多いのかもしれません。

なので本当はそれでいいって思う部分と、もうちょっとこうなったらいいなっていう部分にうまぁく入っていけるような、カユイところに手が届くってのが大事だなぁと思います。
[PR]
by floating_t | 2008-05-24 17:00 | かつどう

いつもの昼休み

b0062019_1226586.jpg空は青く、風はあたたかく、太陽はとってもまぶしい。
流れる雲、揺れる緑の木々。

気候のいい毎日、ずっと事務所にいても滅入るだけなので、お昼御飯を食べてからNHKの連続テレビ小説が始まるまでの数分間、中庭の東屋に寝っ転がる。
携帯をいじったり、考え事をしたり、ぼーっとしたり、気を抜くと意識が飛びそうなことすら…。
他の人から見たらおかしい光景でしょうけど。

陽に弱い肌を持っているけれど、太陽の光を浴びるのって大切。
ちょっとだけ光合成してまた昼からの仕事をがんばろう。って思える時間。
[PR]
by floating_t | 2008-05-22 12:26 | にんげん

北浦ドライブ

b0062019_142926100.jpgb0062019_1411519.jpg

b0062019_14114649.jpgb0062019_14122019.jpg

b0062019_14124796.jpgb0062019_141354.jpg

b0062019_1413257.jpgb0062019_1432351.jpg

b0062019_1414762.jpg
[PR]
by floating_t | 2008-05-21 23:09 | あそび

スローな午前中

平日のお休み。
最近は実家に帰ることが多いけれど、本日フリー。

こんな日はとりあえず洗濯をして、掃除をして、お天気も良かったので布団干して午前中を過ごす。
いつものTVではなく、音楽をかけて。

こないだ偶然運転中に聞いたapbankラジオで流れた司会のGAKU-MCの「TAKE IT SLOW」という曲。
環境を考えて活動するapbankに参加している彼が停電をきっかけにキャンドルの明かりで夜を過ごすことをイメージしてつくった(?)この歌はとても心地よくて、とても身近な曲でした。

うろ覚えだけど、「電気も音楽もないから歌をうたおう」みたいなフレーズがあって、それが何だかとってもしっくりきた。気がした。

とってもいいお天気の午前中、特に環境のことを考えてもないけど、窓あけて音楽聴きながらゴロゴロ~。たまに音出してみてゴロゴロ~。作曲はできないな。
[PR]
by floating_t | 2008-05-21 11:19 | せいかつ

すきなこと。

b0062019_12522043.jpg晩ごはんを買っておうちに帰る。
プロ野球シーズン真っ盛りの今、テレビをつけるとどこかの中継をやっています。山口では広島東洋カープ戦は滅多にないけど、セ・パ交流戦@福岡ドームの中継を発見!
昨年鬼門だった交流戦、今年こそはとファン的にも気合いが入る初戦。

さらにチャンネルを回すと女子バレーの北京オリンピック予選。こちらも小さなころから大好きな競技で中学生の頃には選手の情報とかをメモするのが流行っていたくらい。その頃からいる選手が今でも代表として試合に出ているがとても嬉しい。
スポーツという現役期間が短い世界で、何十年も一線に立って活躍する人を応援せずにはいられません。彼女がコートに出てくるだけで何だか嬉しいし、活躍すると思わず声を上げて喜んでしまうのです。
さらに「北京が最後」という気合いで臨む選手たちの迫力は、のらりと生活している私には計り知れない練習量と努力が垣間見え、なんだか檄を飛ばされてさえいるようです。

そう、これを一緒に見れるテレビがうちにあることが奇跡ですが、チューハイ片手にそんな大好きなふたつのスポーツを観戦。

そして実家に電話。「今おんなじことしよるじゃろ?」って聞くと和木町では野球中継がないので、バレーを見ながら父と兄2人で飲んでるとのこと。基本おんなじやった。
[PR]
by floating_t | 2008-05-20 22:27 | せいかつ

愛車

b0062019_11505629.jpg
あてた記憶がないってことはあてられたってこと?!


・・・どうやらそうらしい。
うちの職場の駐車場ではよくあることらしい。
って、そんなん知らんかったし!
[PR]
by floating_t | 2008-05-19 17:39 | せいかつ

幸せなプレッシャー。

b0062019_1329127.jpgうちの13人いる父方のいとこ。その女の子の中では1番年上でちっちゃい頃からずぅっと可愛がってもらい、大人になっても仲良しなお姉ちゃん。
いよいよお嫁にいっちゃいました。
遊び好きな本人も両親も独身のまま家を継ぐことすら考えていたのに、あっという間にこの展開。人生タイミングって大事なんだなぁってつくづく感じました。

さて、そんなお姉ちゃんの結婚式となれば私もめっちゃ楽しみで、中途半端な頭をセットしてもらいに朝からシラナイ美容院に行ってみたり、いつもと違う感じです。
って、まあ来るのは同じ顔の親族ばかりですが。

会場は広島市民球場のすぐそばにあるメルパルクホール。
少し早めに到着。
うちの家族、慶事大好きです。そして、みんなが集まってワイワイするのが好きなのですこんな時には散らばってる親戚が集まるのでみんな嬉しそう。なので結婚式なんて、殆んどが親戚で会場が埋まってしまいます。
・・・ミンナオナジカオで。
b0062019_13291942.jpg対面式の会場に行くと、キレイな花嫁さん姿のおねえちゃん。
いつものように挨拶。
「おめでとう。かわいいじゃ~ん。」
「あたりまえじゃろ~」

最初に書いたけど、一番年上の女の子ということでどの叔父も彼女のことをとっても可愛がっていたのをみんな知ってます。なので、みんな花嫁の父の心境。

めっちゃカッコいい神父さんによるチャペルでの挙式、ロックバンドからはじまり、ゴスペルで終わった披露宴。
その間おいしいお料理とお酒をいただきながら、写真を撮ったりお話したり。

そしてその話の中で出てくるのがもちろん私へのプレッシャー?!
海外逃亡をしているお姉ちゃんを除くと世間一般に適齢期と言われている年代は私ひとり。(うちの兄もいるけど、うちでは男は優遇。)
今回結婚したお姉ちゃんを盾に今までシレーっと逃げてたのに、最後の砦が消えてしまい、ついに攻撃の矢が私にばかり向く状況になってしまいました。
姉ちゃんいわく「私はずっとこれだったんよ~」「次はあんたぃね」

はいはい。
んじゃ次は私がみんなの愛の攻撃を一挙に浴びるとしますか。
って、あっちからもこっちからも、予期しない色んな攻撃まで飛んできて、もうすでに落城しそうですけど・・・。
b0062019_1335216.jpgb0062019_13432977.jpgb0062019_13401385.jpg

東京から家族でやってきた従兄の子たち。お兄ちゃんは“頼央”(ライオウ)。そしてみんなから次はこれじゃろってホントにつけられた弟“泰駕”(タイガ)。そうなると次は?!
一番右は貴重なそっくりさん集合ショット。犯罪写真みたい…。
[PR]
by floating_t | 2008-05-18 23:34 | おもい