<   2007年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

お引っ越す

同居している友人の都合に伴い、今のアパートに1人で住むのは金銭的にも苦しいので、お引越しを検討中。
お休みの日にはネットで調べた物件を見に行ったり、不動産屋さんに行ったりしています。
結構たのしい。

アパートって、街中にあんなにいっぱいあるのに、いろいろ条件つけちゃうとやっぱりなかなか「これっ!」って物件は見つかりません。
金額・場所・間取りetcを考えながらいろいろな物件を見て、こうじゃない、ああじゃないと妄想する癖が最近付いている気がする。

つい先日からお世話になっている不動産屋さんお勧めの物件は、今住んでいる所から100mくらいの距離。金額もお手頃で、全面リフォームするので、なんなら床の色もどうぞ決めてください、間取りもご希望に添いますという好条件。
にも関わらず、1K、収納少なしのため、数年間で増えた荷物は入らない気がする。
それ以外には何も非の打ちどころがないのに、泣く泣く断念。
昔は1Kでも住めてたのに、なぜこんなことになってしまうのでしょう??

まあ幸い急ぐ引っ越しではないことと、このままお引っ越しすると後悔する気がすることもあり、じっくり色々な物件を見つつ、お引っ越そうと思ってます。
[PR]
by floating_t | 2007-08-31 20:34 | せいかつ

仕事と言い切るだけの

公言してますが、「仕事中が一番暇」です。
気分的にも。

5勤明けの平日休み。
朝からいっぱいいっぱいのスケジュール。
久々に頭いっぱいです。

週イチのお稽古をすませ、会議の連続。
■ある会議の瓦版づくりの打ち合わせ
■ある情報紙のお手伝いの依頼
■あるフォーラムの実行委員会

夜、そのフォーラムのために東京からやってきた人とゆっくり話すことができた。
「あなたのその若さでいろいろやってきたり思ったりしてることはボランティアという感覚なの?それとも仕事?プロフェッショナルとしてやるつもりはないの?」

ん~。痛いところ突かれた!ってのが本心。
元々は「やりたいこと」がたまたまボランティアという形だったりした。
「自分が生きていけないボランティアはしないけど、食べていけてればいい」スタンス。

今まで色々なことをさせてもらい、最近ではそこに金銭が発生することもよくある。
それを“仕事”と呼ぶか“ボランティア”と呼ぶか。
逃げの意味では“ボランティア”というと楽。「だってボランティアだし」と責任から逃げられるし、褒められる?!し⇒でもそれは単なる自己満足
かと言って“仕事だ”と胸を張って言えるかというと…

理由のひとつは、得意分野がないこと。たとえば「子育て」だったり「芸術」「デザイン」など何かの分野で特化していたりすれば、その分野でお金をもらって何かすれば“仕事”と言い切れるだろうなぁと思うのですが、私の場合、節操無くいろんな事してますから。
ただそこには私なりの根底があります。

それから、やっぱりそれで食っていく覚悟がないこと。
東京ではそいうことを仕事にしようとしている人がたくさんいるそうです。
私にはそこまでの覚悟はない。とりあえず生活が成り立つ上で。という気持ちがどこか抜けない。
頭だけがおっきくなっちゃってるので、そんな覚悟して一回ガツンとやられてくればいいのでしょうが・・・やはり逃げ腰です。

それから、関わりに対しての自信。
その一つひとつの事項に対しての自分のかかわり方や、認識による気がする。
だって、「もっちょき」の時は自然に“仕事”だった。
と考えると、その時の自分の立場をきちんと自分で決めてやればいいのかもしれないなぁ。
[PR]
by floating_t | 2007-08-28 23:23 | おもい

でっかい!

7時半には帰れるはずの仕事が、なぜか9時前に。
イライラしながら終わるのを待ち、大急ぎで向かった先は『かよ』
いっつも最初から行けない…。
6時半から飲んでいるおふたりに追いつけ追い越せと席に着いた途端に飲んだり食べたり。
かなり満足になった頃に出てきたのがこれ↓
b0062019_12311297.jpg
b0062019_12353989.jpg
おっきぃんですってば!
半分で顔サイズ。
半分で2合くらいあるんじゃん?!
半分食べました。
おなかパンパンです。
[PR]
by floating_t | 2007-08-25 22:44 | たべる

マルグリット

商店街にあるケーキ屋さんマルグリット。この場所は以前もおいしいケーキ屋さんがあったところで、マルグリットにかわってからもたまにロールケーキを買いに行ったりします。
ロールケーキっておいしくてお手軽で喜ばれるのでお使い物にもできるし、私も大好きです。
b0062019_10252372.jpgそのマルグリットが開店2周年を迎え、記念セールとして、ロールケーキやスイーツの詰め合わせを特別販売。
ということで早速ゲットしました。
さすがに2人で食べるには多すぎです…。

3種類のロールケーキに、シュークリーム2つ、ベリーのケーキ、プリン、柑橘系のゼリーまで入ってなんと1000円!

なんとなく“ロールケーキ”のお店っていうイメージがついていたのですが、ケーキや他のスイーツも甘さ控えめでとてもおいしく、今度買いに行ってみよっかなと思います。
あれ?お店の戦略にのっちゃった?!
[PR]
by floating_t | 2007-08-24 17:30 | たべる

今シーズン3戦目!初勝利!

お盆休みが終わったと思ったらすぐまたお休み。
家族で福岡ドームへ野球観戦へ。
b0062019_13251344.jpg
毎年叔父の会社の関係で確保できるロイヤルボックス横のSuperBoxでたっかいお料理やお酒をいただきながら観戦させていただきます。
最近は外野応援席で盛り上がるのが楽しみなのでどうかなぁと思ったけど、ここはここでやっぱり最高っ!あまり野球観戦の意識はありませんが。。。
今回は家族だけでなく、兄の彼女(私より年下)やら広島からのお客さんやらも一緒に楽しんだ。なぜか彼女と二人、ドームをぐるっと一周歩いてみたり…。

ちょうど10日前にドリライブで来たドーム。
Boxの入場口はライブで私たちが入った入口と同じ。
ホークスの1番本多のテーマ曲が「何度でも」だったこともあり、またその時の感動が甦ってきた。吉田美和ってホント天才だと思う。

試合はというと、先発和田の好投&松中のホームランetcにより、6-0でホークス快勝!
わぁい!わぁいっ☆b0062019_13313577.jpgb0062019_1332745.jpg      

実は、この野球観戦、数年前から恒例の家族行事となったわけですが、初勝利!毎年花火もドームのオープンも見ることなく、寂しく宿泊先へ帰っていたので、今年はみんな上機嫌。

福岡時代からよく聞いていた応援歌を熱唱し、初めて見た勝利の花火は感動。あっという間でしたが。b0062019_13262998.jpgb0062019_13275055.jpg

なぜか父はドームがひらくのにいたく感動し、最後まで外の椅子に座って静かに空を見つめていました。

b0062019_1311711.jpg
翌日は初福岡という彼女のご希望のキャナルに行き、父親ご希望の「一蘭」でラーメン。
味が変わった。器も変わった。
確かにおいしいんだけど、なんだかなぁ。
[PR]
by floating_t | 2007-08-21 22:46 | あそび

おみやげ

b0062019_9432145.jpg
気付いたら車に乗ってました。
因島はっさくゼリー。
この素朴なキャラクター、結構ヒット。
しかもおいしいし☆
[PR]
by floating_t | 2007-08-18 23:41 | あそび

3日目。お盆休みのメインイベント。

今回のお盆休み、日程もちょうどよく、以前から誘っていただいていた生口島、瀬戸田町に行く予定を立てられた。
かといって1人はさみしいし、ということで、広島に住んでるかわゆいお友達を誘って一緒に行くことに。ちょうど休みが取れたなんて運命やろ☆
そして沖も一緒に行くことに。毎日あそんでんじゃん。
「変な和木人」と伝えていたので「変じゃなかったら…」という変な約束までさせられた。

朝はゆっくりめに出発。出足に広島で迷ってウロウロし、合流した時にはお昼前。教えられてた船での上陸も考えたけど、せっかくなのでしまなみ海道を女3人ドライブ。
車内の空気は…。ふたりとも気を遣っている感はあったなぁ。だってみんな変な子ですから。

福山西からしまなみハイウェイに入り、ひとつめの橋を渡ると因島へ。
b0062019_10305536.jpg
             運転しながら激写(あぶなっ)

b0062019_10312577.jpg
そろそろおなかもペコペコなので橋のすぐそばのPAにてお昼ごはん。因島と言えば“たこ”だそうで、たこ天丼をいただきました☆


そこから生口島まではすぐ。橋を一つ渡ると島に上陸。
からっぽだったガソリンを注いで、島のスーパーへ。
行ってみたかった平山郁夫美術館を「早く海に入りたい」という沖さんの希望で通過し、小学校の海辺へ。

b0062019_10315794.jpg
そこでは真っ黒なキッズたちが泳いでたので、じいちゃんへの挨拶もそこそこに、さっそく着替えを済まして入水。

今年最初で最後の海水浴。さむっ!
浅かったのでモニュメントあたりまで行ったり来たりしながら満喫しちゃった。なんか青春っぽく水かけあったりもしてさ。
スイマー沖は我が道で泳ぎ、あまりの達者ぶりに昔はブイブイ言わしてたじいちゃんと仲良しに。

んでもってそろそろ小腹が空いたかなぁってナイスなタイミングでソーメン流し。え?家で?えぇテラスで。かっちょいい!

b0062019_1334177.jpgb0062019_10451018.jpg
ここだけでもかなりのあそび場ですから。

日も落ちてきた夕方、いよいよメインイベント「瀬戸田町夏祭り」へ。
な、なんと、船から花火大会を見させてもらいました。
b0062019_1036879.jpg
夕暮れの海をちょっと水上お散歩。
b0062019_10554629.jpg

b0062019_13151760.jpgb0062019_13153113.jpg


b0062019_12273711.jpg海の男石ちゃん。気のいいおいちゃんで、絶妙に船を操縦します。とても75歳とは思えません!

船は地元の漁船で、一緒に乗った近所のおばちゃんたち手作りのお料理やお刺身まで堪能。

b0062019_12354725.jpg
もちろん花火は最高!!水中花火や連続花火を打ち上げるすぐそばで見ることができ、大大大満足!!水上から見る大迫力と大音響はたまりません!

いい夏休み過ごさせてもらいました。
ありがとう!じいちゃん。いや、とうちゃん?!
[PR]
by floating_t | 2007-08-18 23:15 | あそび

お休み2日目

結婚し「毎日お昼寝できる今がしあわせ☆」とぐうたら(週に1回くらいしか家から出ないらしい!)している3つ下のいとことランチ。
最近の家族のことを話したり、ぐうたら生活のことを話したり…。
「海いってないなぁ」と言うので近くの海までドライブして足だけ海水浴。

b0062019_1039135.jpg夕方、女ふたりしかいないのに「どーしてもバーベキューがしたい!」と宣ふ沖を無視しておうちでまったり。
というわけには行かず、おなかいっぱいの状態で飲み放題・食べ放題のビアガーデン「福源」ヘ。お刺身やてんぷら、ご希望のバーベキューもあり、沖さんご満足。
私的にはまったく飲み食いできず不満足。
おなかペコペコの時に行きたいよ~。
その後これまた彼女の希望にて幸田來未に会いにパチンコ屋さんへ。
ちいさい頃父ちゃんについていったり、大人になってちょっとついていったりしかしたことないのにでるわけないじゃん。
でもまあこれも“見れた”ってことで沖さんご満足。

b0062019_10392513.jpgというなんともだらだらな1日。まあそれはそれでいっか。
そうだ。ずっと車の中に置き忘れてた貯金箱を解禁した。やけに重くて絶対こいつが燃費食ってるって思ってたんだ。
福岡時代から小銭を入れてたのでかれこれ8年。すでに2個目の貯金箱も半分くらいたまってる。なぜかワールドカップの記念硬貨や外国のお金も入ってたりなんかして、思い出の見える貯金箱でした。
[PR]
by floating_t | 2007-08-17 22:36 | あそび

お盆休み初日!

いよいよ夏休み。
世間がお盆と言っている期間中はひとり淋しく仕事をし、16日から4連休をもらった。とわいっても○××○の法則で行くと間の2日を休んだだけですけど。

何だか早く目が覚めて渋滞にも巻き込まれずスムーズに地元に戻る。
家に帰っても誰もおらず、法事の残りで朝食。
昔は3日くらいみんなでワイワイしてたのに、何かさみしいお盆だ。

わきっこたちと電車にのり、まずは広島市民球場へごあいさつ。b0062019_1019830.jpg

主婦さながら、独身女子3人が駅前のスーパーで保冷バックを購入し、食べ物と飲み物をゲット。レジの所にある氷を保冷剤としていただき準備万端。
プレイボール1時間前に球場に到着。気温は各地で記録が出るくらいの暑さ。にも関わらず、さすがにお盆のジャイアンツ戦とあって人が多い。
チケットを引き換え、センター寄りの陰に席を確保し、早速準備したモノを飲む。
「ん~っうまい!野球とビールの夏サイコー!」
試合も勝ってカープは3連勝。いい気分で帰りました。

b0062019_10192842.jpgそれにしても野球ってつくづくアウェーにひどいんだなと実感。
あまりの演出にちょっと引いちゃいました。
これを他のスタジアムでカープの選手がやられてると思うと悲しいし。
高校野球だとエール交換でお互いを応援したり、すがすがしいのにね。
[PR]
by floating_t | 2007-08-16 22:55 | あそび

2007年8月15日

b0062019_1227201.jpg1945年。62年前の今日、第2次世界大戦が終わった。
ラジオから流れる昭和天皇の声にいろいろな思いを胸に。

被爆者の祖父母と、兵隊として生き残った祖父。それぞれに話を聞く機会があったのはまだ小さな頃。話すたびに、聞くたびに涙が止まらない。

以前も書いたことがあるけれど、小さなころに原爆ドームに行って以来、戦争や戦闘というものを避けてきた。なるべく見ない・聞かないように。
でも、今、戦争の悲惨さが語り継がれなければ、また戦争が起こってしまうと本気で思う。
エグイ映像や残酷な遺留物ではなく、体験としての戦争。
今ならまだ間に合うかもしれない。
ゆっくり向き合って話を聞いてみようと思う。

正午、いつもの時報の何倍も何十倍もの音色を奏でたサビエルの鐘は、今までの平和に感謝し、これからの平和を願う音。
突き抜けるような真っ青な空とまっ白い雲、むせるような濃さの緑がある今の平和に感謝して。
「山口の山ってマヨネーズかけて食べたいくらいブロッコリーみたいやね。」そんなことで笑いあえる今が幸せ。
[PR]
by floating_t | 2007-08-15 12:05 | おもい