<   2007年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

夏の思ひ出

b0062019_12542397.jpg

某国弘家にて某山寺家と一緒にごはんをいただいた。
そしてしばしの団欒。
らぶらぶ?な大ちゃんとほのみを見守る。

その後、すぐ下の川で夏の風物詩花火。
風でろうそくの灯が消えちゃうので花火から花火へ火をリレーして楽しみました。
私たち、いい環境に住んでると思うよ。

b0062019_12544662.jpg
その後ソフビ人形で遊ぶ。
私じゃなくて。

遊んだ人形をぱちり。
[PR]
by floating_t | 2007-07-31 21:10 | せいかつ | Comments(0)

今日は丑の日

b0062019_12281858.jpg一応慣習なので食べてみた。
別にバテてもいないし、食欲なくもないけど。

お昼に手軽に食べようと、中国産と分かっていながらもほか弁うな重。
もちろん、うまっ!って感動はなく、基本的に醤油と砂糖の甘いタレがすきなので、まずっ!とも思わず・・・。
まあ、気分を味わうだけです。

ではなぜ今日、鰻を食べるのか??
うし‐の‐ひ【丑の日】by大辞泉
十二支の丑にあたる日。特に夏の土用の丑の日と寒中の丑の日をいう。夏の土用の丑の日には、鰻(うなぎ)のかば焼きを食べ、灸(きゅう)を据え、寒中の丑の日には、丑紅を買う風習がある。
[PR]
by floating_t | 2007-07-30 12:28 | たべる | Comments(0)

碧水庵

b0062019_1247499.jpg@下松
完全手打ち信州そばと書いてありました。
そいえばそばは苦手でした。
バスを待つおばちゃんから有名ときいてついつい。
確かに。小さな店内、ず~っといっぱい。外で待ってる人もいました。

かつおぶしと大根おろしがいっぱいのおろしそば。
麺は白くてコシがつよい!
入り口に座ってたので焦って食べてしまい、ちょっと消化不良気味。

そば湯もついていたので、1杯は塩、1杯はつゆでいただきましたっと。
[PR]
by floating_t | 2007-07-29 12:47 | たべる | Comments(0)

ぴっかぴか

b0062019_1143360.jpgふいに残業がなくなったので、愛車の車検6か月点検のためにスタンドへ。
無料でオイル交換までしてくれちゃいました。
ついでに、先日の夜間高速運転にてかなり汚れてたので洗車もしてみました。

正確には、“していただきました”ですが。
手洗い洗車。
いつもグワーって回るマシンの中でお手軽に済ますのですが、あまりにいっぱいついた汚れ(主にムシ)を取ってもらうにはプロに頼るしかない!ってことでちょっと奮発。

さすがプロ。短時間でとっても綺麗に仕上げてくれました。
わぁい♪
[PR]
by floating_t | 2007-07-28 19:43 | せいかつ | Comments(0)

まつり最後の夜

b0062019_11325653.jpg

初日、お囃子として街を練り歩かせてもらい
中日、仕事でまつりには出られないものの、打ち上げのみ参加し
最終日、見物客としてまちへ。
御旅所での出発を見送り、伝承センターにてお茶のお接待。
まずやってきたのは八角。大殿宮野地区が中心に担ぐ御神輿は元気よく回ってくれた。その後六角が通り過ぎ、最後に花形の四角女神輿。
今年はちょっとやる気だったのに、悩んでるうちに申込期限が終わっちゃってました。残念。

この八・六・四というのは、おみこしの屋根の形。
御還幸では四角を女神輿で八坂神社まで運ぶ。
八坂神社に還ったら、最後のおつとめ“御霊うつし”で御神輿から本殿へ神様にうつっていただく神事があるそう。これはさすがに見たことないので来年のお楽しみにとっておこっと。
[PR]
by floating_t | 2007-07-27 21:58 | かつどう | Comments(1)

レバニラ定食2分

b0062019_239899.jpg大衆中華食堂 好楽園@下関

突発のお仕事で下関へ。
お昼御飯は時間がなくてマックドライブスルーだったので、帰りにがっつり。
入って注文まで2分。
注文したものが出てくるまで2分。
目の前で調理中。


うまっ!!
ビールのみたい・・・。あ、運転手やった。

こちらで紹介されてました。
http://www.tys.co.jp/tv/chigumaya/gourmet/050910.shtml
[PR]
by floating_t | 2007-07-26 23:09 | たべる | Comments(0)

あまりのあつさに

まろんうごけず。
b0062019_14465586.jpg

お迎えに玄関にもこず、そのままの体勢でこっちを見てる。
そこが一番涼しいのかぁ。

ごめんね。ひとり暑い部屋におきざりで。
[PR]
by floating_t | 2007-07-25 15:27 | まろん | Comments(0)

他人に厳しく自分に甘く

私は自他ともに認める、典型的なそのタイプ。
みなさんにはいつもご迷惑をおかけします。

でも上には上がいることを切々と感じる毎日。
人はみんな自分が可愛いものだとはわかっているものの、そこまでかい?!って思う事が多々ある。
自分のモノ(心)はとっても大事にしても人のモノ(心)はどうでもいい、周りのことを見渡すことができない・・・。

明らかに意図してるやろって思うことを、「ごめん。悪気はなかった」とか言われると、意図せずこれってどんだけ性格悪いんって思うくらい。

人から見たら私もそうで、私から見たら人がそう。
どっちもどっちかい?!
[PR]
by floating_t | 2007-07-25 12:51 | おもい | Comments(0)

うさぎさん

b0062019_10285896.jpg
b0062019_10284156.jpg

知人から突然TELがあり「うさぎほしい人いない?」って。
おうちの中でうまれちゃったそうです。
できれば山口市近郊の方で可愛がって戴ける方を募集中です。どなたかいらっしゃればぜひご一報を。

ぶちかわいい!けどうちではね・・・・。
<左>
お母さん→ネザーランドドワーフ
お父さん→アンゴラロップイヤーとミニウサギとのハーフ
<右>
ネザーランドドワーフのおんなのこ。
[PR]
by floating_t | 2007-07-22 10:26 | せいかつ | Comments(0)

2尺

b0062019_9171033.jpgというと約60cm。
その球に緻密に計算して火薬や発色剤をつめる。
それから点火してその重たい球を空に向けて飛ばす。できるだけたかぁく飛ばす。
首を直角に曲げなきゃくらいまで上まで上がったら、ちょうど破裂・燃焼し、大きな音とともに光が広がる。

西日本では珍しい2尺玉が上がると、4万人とも言われる観客から拍手と歓声が聞こえてくる。


一時は年に10回近く花火大会に行ってたこともあるのに、初めて行った秋吉台の花火大会。毎年「いいよぉ」の話とかすかに聞こえる打ち上げ音でしかしらなかった素晴らしさを目の前で体感。石灰岩に座って。

1時間ちょっとで2000発。
見る方の期待は“大きいもの・派手なもの”へ向いているけど、昔ながらのコンビネーションもすばらしい。

しかし、この花火大会が近年、中止や廃止という方向へ向かっているところも多い。
山口市でも周防大橋の花火大会がなくなり、周南でも恒例の行事が中止になったとか。
予算の都合はもちろん、お客の整理やら何やらで人でもすごく必要。
その上終わった後には至るところゴミだらけ。
それだけの犠牲(?)が観光やまちの向上につながるかというとそうでもない。

イベント&花火好きな私としてはとても悲しいことではあるけれど、そういうものは得てして気付いたら決まってしまっていて。
ということで今あるものを残していけるような提案ができるといいのだけど…。
提案ってどこにどうしたらいいのだろう。
[PR]
by floating_t | 2007-07-21 22:05 | あそび | Comments(0)