<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

雪舟展すべり込み!

b0062019_12125847.jpg閉幕間近の雪舟展へすべり込み。
午前中には来場者数10万人目のセレモニーがあったそうで、くす玉が残っていた。
文化週間の11月1日~7日、国民文化祭の真っ最中無料開放されていた間に1度だけ足を踏み入れた美術館。
「芋の子を洗う」とはこのこと!というくらいの人で通り抜けるのが精一杯だった。

閉幕までに1回は行かなきゃと思っていた頃、朝職場に行くと机の上に招待券が!!
どうやら職場に何枚か送られてきた招待券をめぐってみんなでくじをしたとのこと。
その結果休んでいた私もサイトウさんのおかげで当たっていたのだ。

一度帰りかけた放課後、自転車を引き返し招待券を取りに職場に戻った。
すると、考えることはみんな同じ。
なんと室長とご一緒することになった。
そう。美術館デートです。

感想を言い合いながら、話をしながら小一時間。
雪舟の絵の素晴らしさと、自分たちの無知さを天秤にかけながらの美術鑑賞でした。

つづく。かも
[PR]
by floating_t | 2006-11-29 19:29 | せいかつ

大沢たかおが離婚?!

朝のニュースでそんな話題が飛び込んできた。

大沢たかおファンとしては嬉しいような、でも広瀬香美を選んだ彼がまたかっこよかったのでやっぱりちょっとショックなような・・・・。

↓↓↓↓↓
サンスポ.COM
[PR]
by floating_t | 2006-11-28 08:26 | にんげん

『永遠にともに』 

『永遠にともに』 

作詞・作曲小渕健太郎
--------------------------------------------------------------------------------

心が今とても 穏やかなのは この日を迎えられた意味を
何よりも尊く感じているから
特別な事など何もない ただ いつもより少し
シャンとした服を着てるだけ 君はとても綺麗だよ

何かといつもも忙しく まだまだ想い出は多くないけど
やっとここから踏み出せる未来
始まりの鐘が 今 この街に響きわたる

共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い
共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い
共に抱き 共に迷い 共に築き 共に願い
そんな日々を描きながら…

気付かぬ間に二人 似たもの同士 仕草も笑い声も
そこに生まれくる命には 何よりも尊い 二つの光を

ぶつかり合う時も来るさ 綺麗な事ばかりじゃないだろうから
全てを君と越えてゆくと決めた
始まりの鐘の音を 何時までも忘れない

共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い
共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い
共に抱き 共に迷い 共に築き 共に願い
そんな日々を描きながら…

偶然という名の運命 そんな出逢いだからこそ
何気ない瞬間を 今日からは かけがえのない瞬間に

共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い
共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い
共に抱き 共に迷い 共に築き 共に願い
ささやかな幸せが 木漏れ日のように
やわらかに降り注ぐ そんな日々を描きながら…
いつの日も どんなときも
------------------------------------------------------------------------------

信じていた願いはかなわなかったけど、その悲しみ以上に、
限られた時間の中でたくさんの思い出と幸せを残した旅立ち

とても素敵な家族の絆と強さを感じた夜。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by floating_t | 2006-11-27 23:22 | おもい

静かな冬のおとずれ

b0062019_12254249.jpg

いつでもアートふるでの萩焼体験に参加した。
大和先生のもと、四方花瓶作りにチャレンジ!
とわいえ、時間も限られているし、元の粘土板も準備されていて、それを形成していくだけ。
でも滅多に触ることのない土のぬくもりや冷たさを感じ、楽しく作業を終えることができた。

その帰り道。
家から本当に近いはずなのになかなか行くことのない龍福寺の参道にたちよった。
紅葉真っ最中の参道には家族の楽しい笑い声が響き、とてもいい気分。
[PR]
by floating_t | 2006-11-25 15:25 | せいかつ

ブログ更新停滞中

国民文化祭が無事終了しました。
山口市ではたっくさんのイベントがあり、たっくさんの人が参加・来場しました。
その成果がどうか一過性に終わらず、これからのいいことにつながりますように・・・。

私はというと、
仕事はもちろん、参加者・来場者としても意外と満喫することができた10日間。
苦情対応では泣きそうだったものの、全国の人と話ができたり、現場でふらふらしたり、参加者としてはパレードにも出られたし、余裕の出た後半にはとっとと仕事を終わらせて長門のイベントも見させてもらうことができた。
本当はもっといろいろ書きたいの。

そして終わった途端の飲み会続きと、根っからのダラダラが原因か、ブログの更新もせず、さらには行きたかったはずのイベントにも行かないなどなど、休みの日は家でゴロゴロ。
布団から出られません。

そろそろやばいぞ。
次に向かうはどこじゃろ~?
[PR]
by floating_t | 2006-11-24 12:31 | おもい

お疲れ会



b0062019_12252534.jpg

[PR]
by floating_t | 2006-11-21 22:28 | しごとも

解禁

b0062019_11275677.jpg

おいしいお酒と料理とお話
[PR]
by floating_t | 2006-11-16 23:27 | たべる

福井より

b0062019_11263291.jpg

[PR]
by floating_t | 2006-11-15 21:26 | たべる

長門版

祇園囃子。b0062019_1252178.jpg
祭広場の中央に登場したお囃子。
毎年夏、山口の祇園祭と同じ頃に行われる仙崎祇園祭の花形だそうです。
とても華やかなこの山車に三味線や鐘・太鼓・笛などの鳴り物と、小さな女の子による舞が乗り、まちを練り歩くのだとか・・・。

山口にもいろいろな祇園囃子があるんですね~。
[PR]
by floating_t | 2006-11-11 23:02 | かつどう

完敗

b0062019_658588.jpg最終日前日。
仕事を無理やり早く終わらせ向かった先は長門市。
夕方から行われている「みすゞ夢空間~仙崎まちなみフェスタ」へのお誘いを受け、天気を心配しつつも車を走らせた。

山口でのイベントでお世話になっている方がそちらでもお手伝いをされているということで「そりゃ行かんにゃじゃろ~」と行った長門で行われていたことは・・・。


とても素敵な「まち」の演出でした。
そして、とても素敵な「市民」の参加でした。

ひとつひとつのステージを切り取っても、街並みを気にしてみても、そこから溢れてくる参加者の気持ちや、街のおもてなし、そして洗練された空間づくり。

「長門はプロがやっているから」そう言ってしまえばおしまいですが、このイベントは国民文化祭に関係なく何かの機会で続けて欲しいし、続く熱気があったと思う。

山口では山口のよさを発揮したイベントがあり、長門には長門をまるごと楽しむイベントがあった。
岩国では?下関では??
100以上のドラマの中で「いい!」と思ったものはみんな違い、そしてみんないいのです。
[PR]
by floating_t | 2006-11-11 22:58 | おもい