カテゴリ:おもい( 264 )

クリームリボン。

SIDSという言葉を知っていますか?
sudden infant death syndrome「乳児性突然死症候群」
何の予兆もないままに、主に1歳未満の健康にみえた乳児に、突然死をもたらす疾患(byWiki)
日本では年間500人の乳児が亡くなっているそうです。

子どもを持たない私は、つい先日まで知りませんでした。

10月の終わり、私の大事な友人たちの待望の息子で、私の友人でもある生後2ヶ月の男の子の他界により、それを知ることとなりました。

彼の両親はもちろん、成長を楽しみにしていたたくさんの人の悲しみは深く、私もただただ悲しいと思っていたってのが正直なところ。

そんな日々を送っていた昨夜、両親である友人たちから食事に招かれました。
「いつでも会いに来てね」と言われてもなかなか行くことはできず、実際行くことになってもふたりにどう接したらいいんだろうって悩みながら自転車で自宅へ。

ママが生死を彷徨って生まれてきた天使はこの2ヶ月でたくさんの人に会い、たくさんの笑顔や絆を育んできました。
そんな愛しい天使が突然目の前からいなくなったこと、2人は明るい顔を見せてくれるけど、悔やんだり悲しんだり、いくらしても足りないと思う。
でも、そんな2人から聞いたのは
「自分たちや息子に与えられた経験が、これから生まれてくる子どもたちや家族のために何か役立つような活動ができないか」という相談でした。

彼の死を前向きに考えてる2人が私に相談してくれたことはめっちゃ嬉しくて。

きっとこれから幸せな家族を見て「なんでうちの子だったんだ」と想うこともあると思う。
予防できたことで幼児性突然死症候群かもしれなかったことに気付かない人がいると思う。

それでもいいの?と意地悪に聞く私に、自分たちのような悲しみを持つ人を少しでもなくしたいと言った2人。
私ができることは一緒に何でもしようと思いました。

奇しくも山口県では現在SIDS予防月間。
それがどんな活動月間なのかは分かりませんが、まずはSIDSを知ってもらうこと。
私が知ること。

そこから小さな活動がスタートしていくのだと思います。
[PR]
by floating_t | 2009-11-05 23:03 | おもい | Comments(0)

和木友

b0062019_1229436.jpg今まで自分には足りないと思ってた喜怒哀楽の「哀」。

それが自分にあることを知った週末。
2ヶ月という短い間に彼はおっきな絆とか深い愛をいっぱいいっぱい残してくれたと思う。
ありがとう。

君はみんなの、そしてパパとママの最高の天使だったよ。

ほんとは何も言えんし何もできんくて折れそうだった。
覚悟も何もなく訪れた日はこんなにも悲しくて、涙が止まらないことを知った。

でもアホな和木友たちといると、知るわけないのに、多分いぢめられてるハズなのに、なんだか安心するし、少し救われる。
気がするおっき〜の誕生日会。

仲間っていいなって思ったのも確か。

大河、パパとママの周りには、そして大河の周りにもいっぱい仲間がおるけ〜。
[PR]
by floating_t | 2009-11-03 01:24 | おもい | Comments(0)

結婚おめでとう。

b0062019_127394.jpg
彼女は私が記憶にあるいちばん小さなころからの親友。
スピーチは事前に順番ですったもんだしたものの、当初の予定通り私(まじめ)→沖(楽しく)の順で行われた。

もちろん用意した紙なんて持たずにマイクの前に立ったら、考えたことは吹っ飛んで、全然言い切れなかったけれど、素直な思いを伝えられたと思う。

ず~っと緊張してていつもの笑顔がなかった最後の彼女の挨拶、最初から泣きっぱなしの彼女のコメントは、結婚へのというより、パパもママも弟もばあちゃんも、ず~っと知ってる彼女の家族への想いがいっぱいで、一緒にボロボロ泣いちゃったり。

おめでとう。
今日、この日にいろんなことで参加させてもらえたことが本当に良かった。
そして今日、この日が迎えられたことになんだか安心。
これからもよろしくね。
[PR]
by floating_t | 2009-10-10 23:05 | おもい | Comments(0)

明日に向けて

b0062019_1225983.jpg
仕事後和木へ直行。
披露するのは2次会ですが、気合いは充分。
手作り衣装(?!)を身にまとい、集会所を借りて前日練習。

私は最後まで抵抗してみた。
けどダメでした。
結局はじけるしかないっ!
[PR]
by floating_t | 2009-10-09 20:00 | おもい | Comments(0)

寝不足…。

「わぁい♪何にもないっ」とスーパーで買い物して帰宅。
やべっ!忘れてた。

・・・印刷。

ということで、パソコンとプリンタを床に直置きして作業開始。
本人とのやりとりにも時間がかかり、出力開始時間は日付が変わる前。

なにせ古いA3プリンタですから。
紙は巻き込むわ、端は折れるわ、微妙なサイズの紙のため、位置合わせはうまくいかないわで深夜にひとり格闘。1時間以上たってやっと形になり、印刷開始。

写真もあるので、「早いモード」というわけにもいかず、1枚の出力に約2分ちょっと。単純に計算しても140枚で280分以上。それに加え、巻き込みとかが気になり少数ずつ進めていくのでさらに余計な時間がかかる。

もう眠い、と思っていたら意識が飛んでた。
結果、朝起きてすぐ作業を再スタートしても完成したのは40枚程度。

裏面はほぼモノクロなのでもう少しスピードアップできると考えてもかなりの手間。
ヤバイ。予定通り間に合うのか?!

いや、そもそもの予定は1週間前だったはずなのに…。
[PR]
by floating_t | 2009-10-01 08:24 | おもい | Comments(0)

29歳を迎えた日。

b0062019_1923443.jpg今年も笑顔で迎えることのできた9月6日。
私にとって1年で大切な日は日曜日でした。
いろんなイベントが目白押しで、ついでに誕生日も祝ってもらいました。
いや、誕生日だからイベントがありました。ってことにしときたい。

前日、会議の後の飲み会で誕生日を迎えるのがいやで早めに帰宅。
別に何の予定があったわけでもありません・・・。

日が変わる前に眠りにつき、朝起きたらめっちゃ暑い日の予感。
飲まないと言ったけどきっと飲むなぁと思いながら河川敷へ。
ふしの川漁協まつり「鮎つかみ大会」に張り切って参加。
きっと4年ぶり3回目の出場です。

釣果は3とか4匹。よくつかんだ方ですが、もっといけたっ!
その場でワイルドに焼いた鮎はもちろんめちゃ美味しくて、ビールもおいしくて。
何よりそこにいることが嬉しくて。

なんだかケーキの準備までしていただいて、みんなにいっぱい「おめでとう」を言ってもらえて、「あぁ、なんて幸せなんだぁ」って、また今年もいっぱい愛をもらいました。

その後は梨狩りへ。
梨、大好き♪
制限時間も無視してゆったりと楽しみました。

お誕生日イベントの様子を早速ブログで発見。なので鮎つかみ大会の様子はリンクでどうぞ。
http://blog.canpan.info/kobukuro/archive/71


もちろん疲れた夕方は曝睡。
その後一人誕生日の余韻にひたる。

さぁ、二十代最後の一年のスタート。
まずは今に感謝。

さぁ、次は何する??
[PR]
by floating_t | 2009-09-06 18:11 | おもい | Comments(2)

誰にとって良い社会?

8月30日投開票の衆議院議員選挙が告示された。
もちろん選挙には行くけれど、実際何を選べばよいのかわからない。
政権交代?各党のマニフェスト?

ここんとこずっと頭の中で考えてること「誰にとって良い社会をつくるのがよいのか」
誰にとって優しい社会がいいのか。

子育てをしている人にとっては子どもや子育てをしている本人にとって。
老人や介護をしている人にとっては老人や介護をしている人にとって。
障害者にとっては障害者や障害者の周りにいる人にとって。
学生にとっては学生にとって。
若者にとっては自分たちにとって。

誰にとっても(すべての人に)いい社会が一番いいに決まってる。
でも、今の情勢からそんなことになるのはきっとめちゃ遠い世界で、
結局今自分や周りの人が置かれている立場にとっていい社会になってほしいと願うのは当たり前のこと。

誰かだけにとって良くなることは違うどこかに負担や不満がたまる原因にもなる。
政治だけの問題じゃなく、主張には責任も負うべきだと日々思うこのごろ。

子育て中の人と接する機会が多いのですが、先日「結局あなたは子どもを産んでないから意識が違う」と言われた。
それは否めないと思う。
でも、それを責められるのは筋違いだと思うし、じゃあ子育てをしている人や年配の人が、私たち独身単身世代の気持ちを覚えていてそこに配慮をしているかとか、愛煙家やフリーターが追いやられてる社会に対して何か考えてるかとか、そんなことを思ってしまう。

教育や福祉が大事なことも、子どもと老人が社会にとって大切な存在だってことも、頭では分かってる。だけど、結局私の今の生活にそこが大事かっていうと、まず自分が生きていくことが大事なのです。結局自分が一番かわいいってことに落ち着くわけで。いずれその立場になれば否が応でもそれを痛感し、あぁ、あの時こんなこと思ってたのが間違いだったって思うんだろうし。

人ってそうそう社会全体のこと考えるの難しいと思います。
だからこそ、今の自分の立場にとっていい社会を考えることでも、とにかく投票に行くってことで勘弁してもらいたい。
[PR]
by floating_t | 2009-08-19 08:52 | おもい | Comments(0)

伝えることと伝わること

人に想いや事象を伝えることが苦手です。

言葉だと足りなくて(いらんことは言う)
文章だと尖る

よく考えると、逆に、伝わらないことに厳しいと言うか。

そう!
伝わらないことには厳しいくせに、自分は伝えられない

良くない・・・。

書き手には書き手の想いがあって
それを形に落とす人にはその人の想いがあって
そこをうまくつなぐ人がいて
読む人にどう感じてもらえるか 
どう伝えることができるか

音にしてもそう
しゃべり手にはしゃべり手の想いがあって
それを形として届ける人にはその人の想いがあって
そこにうまく流れを作る人がいて
聞く人にどうかんじてもらえるか
どう伝えることができるか

そして、読みたい・聞きたいと思ってもらえるか。

帰宅後、あるふたつの事(コミュニティFMのトライアルを聞いたり、頼まれた原稿を書き直したり)をしながら、ずっと考えてたこと。
結局私が提出したものは自分でも凹むような内容で。

キーっ!てなっても胃に悪いので、とりあえずこれはこれで。
心配なのはこの後だし。
[PR]
by floating_t | 2009-08-12 21:16 | おもい | Comments(0)

黙祷

b0062019_12341538.jpg1945年8月6日、64年前の今日、午前8時15分。
原子爆弾が広島に投下されました。

広島に程近い町で生まれ育った私にとってはとても身近な話題で、夏休み、テレビの前で式典を見ながら黙とうをするというのは当たり前でした。

が、山口に来てから、山口の人にとってはやっぱり遠い話題なんだなと感じたのを覚えてます。
それは今も同じで、運転中や移動中なら仕方ないけど、デスクに座っていても黙とうをしている人はいないんだなってのが、移動しながら見た光景。

街の様子が変わり、体験を語る人がいなくなっても、決して歴史の一部分としてではなく、考えなくてはならない問題。

いつも平和ボケしている私も、この季節だけは平和について考えてしまいます。

支度が遅く、出勤途中に時間が来てしまったので目の前の様子を撮影。
平和な空に感謝し祈る。
[PR]
by floating_t | 2009-08-06 08:20 | おもい | Comments(0)

結婚パーティ。

b0062019_1527490.jpgかなり本格的な披露宴になりました。
真っ白なドレスでの入場、来賓挨拶、ケーキカット、ビデオに余興にキャンドルサービス・・・。
とっても素敵な手作りウェディングです。

新婦のお父さんからのメールも、新郎の立派な挨拶も、それを見守るいっぱいの笑顔もとても素敵でした。

夕方から始まったパーティ、2次会、3次会と進み、またやっちまいました。
おめでたい日だから良しとしよう!
[PR]
by floating_t | 2009-07-19 23:50 | おもい | Comments(0)