カテゴリ:しごとも( 105 )

西京高校吹奏楽部演奏会

b0062019_1738776.jpg
いつもクールに見えるあの先生、実はとってもアツい、すごく生徒思いの指導者なんだなぁって思った演奏会でした。
ステージ上で飛んだり踊ったりする姿や笑顔、そして涙はいつもからは想像もできなかったけど、たぶん「同じ匂いがする」と言っていたKさんの言葉は正解っぽい。
そして吹奏楽の先生ってみんな熱い気がする。(つい先日120人のオケで指揮してた先生が耳つけて演奏してたし。)

卒業シーズンの3月、学校の演奏会には必ずセレモニーがあって、一生懸命“部活動”を続けてきた人たちには愛いっぱいなご褒美。その姿は一番後ろの席から見てもキラキラ輝いていて、すごく素敵です。

う~ん。これからな人がうらやましぃっ!
[PR]
by floating_t | 2009-03-22 17:39 | しごとも | Comments(0)

第36回やまぐち市民コンサート

b0062019_9251419.jpg

私の今の職場での最後のおっきな仕事でした。
常時1000人近くがいる半日のコンサート。
昨年末から準備を進めていよいよ当日。
実は担当とはいえ補佐という立場だったので、どこまでやっていいかというところに今回はかなり悩みました。けど、担当の子とふたりで色々闘いながら終えることができました。

中でも写真のジュニアオーケストラは市内の中高生約120人が集まって結成された特別オーケストラ。この日のためだけの曲目の練習を重ね、素晴らしい演奏を披露してくれました。
来場者からも大好評で、ホント、ここだけは何とか残していかなきゃだなぁって思いました。

その調整や指導は、もちろん各校の先生方のご協力がすごいあって、保護者の理解があって、当日運営の人たちの協力があって…。

打ち上げでは、そのとっても素敵な先生方とお話しすることができ(多少記憶なし…)、なんだかひとり超満足。
この年度末の忙しい時間を割いていただいたことに大感謝でした。
[PR]
by floating_t | 2009-03-20 22:23 | しごとも | Comments(2)

まぁ。税金使うほうも使うほうですけど。

今日は職場で嫌なことと、いい事と、ありえない事がありすぎて、頭の中がグルグルで、それじゃなくても熱が出る予定で、ひとり「どっか~ん」ってずっと言っていたら若い子に心配されました。

まだぜんっぜん整理ができんけど、あり得なさすぎて意味分からん。
もろ行政色の強い今の職場にて。
来年度私がやめるということを知った責任者が採った選択は「仕事をしない、できない職員を任期を延ばしてまで雇用すること。」
う~ん。その選択、理解不能。
まさか気づいていないのか?それともこの不況で職を失わせることを憂いたのか?
いずれにしても圧力による決定であることには間違いなく、それによって他の職員に多大なる負担と迷惑がかかることも明確。

その人の給料、ほとんど皆さんの税金ですよ?
毎日コーヒーを10杯も20杯も飲んで、新聞読んで、書類一枚まともに作れなくて・・・。
むしろ迷惑かかってる人なのに。
なんで?
[PR]
by floating_t | 2009-02-08 23:08 | しごとも | Comments(0)

条例と現実

昨年、一昨年と「協働のまちづくり市民委員」として条例づくりに携わり、条例というものを知る中で、ある事に気がつきました。
それは、条例にこだわり、条文の一言一句を気にして仕事をしている公務員がいるということ。
もちろん、条例は定められているからには守るべきで、その内容は“市民のため”に作られているものなはずではあります。
それまで条例なんて文言として役所の中にあるだけで、便宜的に運用ルールを考えたり、むしろそのルールを重要視したりすることもあった中、何か問題が起きるたびに条例とにらめっこをしてそれに従おうとする姿勢の人もいたのです。

もちろんその文章や項目立ては重要で、おおまかには設置条例や管理条例に従って管理運営を行っています。
しかし、この条例、多少の改正はあるにせよ、かなり前に作られたもので(実際この施設できてから40年くらい経ってます)、今の運用ルール上不要な部分や、運用するためには程遠い内容の部分もあります。
それにも関わらず、この最近は「条例にはこう書いてあるからこれをうちでやる必要はない」「うけなくてよい」という利用者にとっては迷惑な、後ろ向きなこと、管理の都合だけ考えた返答をしすぎていると感じます。

が、逆にいえば、その条例で定めてあることは運用上受けていなくてもつつかれたらやらざるを得ないわけで…。
私が利用者だったなら「それだけ条例を順守するなら、条例にこう書いてあるんだからしてもらわないと困りますけど」って逆襲→論破できると思います。
しかし条例を作る行政の都合のよさったらなく、条例を読み込んでそこまで攻めてくる利用者もいなければ、もしいたとしても「運用ルールがありまして…」と逃げる技も知っているのです。
とはいえ今の管理運営は明らかに管理の都合だけを考えた方向に向かっていて、日に日にこの施設の評判が悪くなっているのは確かです。
[PR]
by floating_t | 2009-01-30 19:34 | しごとも | Comments(0)

ニューイヤーバンドフェスティバル2009

毎年1月に山口地区の吹奏楽連盟に加盟している学校・団体が参加して行われるイベント。午後からは写真係も兼ねて客席で堪能させてもらいました。
もともと吹奏楽は大好きで、職場的にお付き合いのある学校・団体も多く、楽しく拝見させてもらいました。
b0062019_15971.jpg

昨年コンクールで賞をとった学校もあれば、大きな吹奏楽団、少人数のアンサンブルetc
私は技術的なことはよく分かりませんが、徳佐高校・山口高校徳佐分校の演奏(写真)はよかったなぁって思いました。たった10名での編成にも関わらず、あの広いステージで、フルバンドにも負けない力強くてしっかりした演奏を披露した彼女たちはすごいっ!って感じでした。

演奏はもちろんですが、裏方の先生や生徒の皆さんもよかった。
まずお客の出入り管理。長時間の演奏会で出入り自由なため、演奏中の出入りやマナーが気になっていたのですが、各ドアに生徒がつき、演奏中は締切、ステージの転換やMCの間は移動できるということをかなり徹底していました。
昨年市民コンサートでのあまりにひどいマナーに幻滅していたのですが、(http://madoitime.exblog.jp/8202942/参照)このコンサートにおいては◎でした。今年の市民コンサートでは人の配置を見習って、お客さんにもいい環境で見てもらえるようにできるといいなって思います。

それから、ステージの転換。
今日来て知ったというステージ係の先生。×3人。
人数や編成の違う楽団の演奏体型を整えるため、楽器の出し入れをしたり、椅子や譜面台を持ってテキパキと働いていました。時には生徒に指示を出し、自らも運び…。
う~ん。なんだか業界的には(不要な)確執も多いみたいだけど、やっぱり先生ってかっこいいなぁ。って思いました。
小さい頃は教員になりたいこともあったので、練習のときはめちゃ厳しく吠えてるけど、生徒たちが尊敬してついていく先生って、本当に素敵で尊敬します。それはもちろん、音楽や指導に対する情熱と努力があってからこそのもので、音楽に限らず専門的な指導や指揮をする場合、その苦労は並大抵ではないと思います。
この×3人のうち2名は3月の市民コンサートへ出演、さらにうち1名は指導や調整などのお手伝いもしていただく先生なので、こういう姿を見せられると、私も弟子にして下さいっ!って感じです。
まぁきっと生徒だとあの罵声に凹んじゃいますけど。
[PR]
by floating_t | 2009-01-18 20:08 | しごとも | Comments(0)

“渋滞”は遅刻の原因になるのか。

寒いなぁと思った朝、窓の外を見ると、今日も一面雪景色でした。

雪の日に渋滞することなんて分かりきったことだと思うのですが…。
事故での渋滞や決められた公共交通を利用しての遅れならまだしも、自家用車で「渋滞しているので遅れます」っていうのは間違っていると思います。
いつもより早く家を出るなり、公共機関に切り替えるなりすれば間に合わないわけがないのに、平気で遅れてくる。遅刻したことよりも渋滞していたことにむしろ憤っている。なぜ?
そんな予測や対応もできなくてよく「俺は何十年も社会人としていきてきた」なんて言ってられるなって思います。
[PR]
by floating_t | 2009-01-15 08:36 | しごとも | Comments(0)

MOA美術館

b0062019_15182426.jpg「MOA美術館児童作品良城小作品展」というのが今日1日だけ開催されています。
MOA美術館は財団法人エム・オー・エー美術・文化財団が運営する熱海の美術館で、子どもたちが取り組んでいる創作活動を奨励しようと、毎年作品展を開催されています。

山口では例年10月に山口地区展と表彰式が行われるのですが、今年は良城小学校が学校奨励賞を受けたそうで、聞くと全児童900数名のうち、200名以上が夏休みの思い出を描いて出品したそうです。

仕事の合間に少しだけ見せてもらいに行きました。
1年生から6年生までの作品約150点が学年ごとに見て進めるよう展示された会場にはたくさんの家族連れがきていました。
自分や友達、家族の作品を見つけて喜んだり、感想をいいあっている様子はとてもほほえましい光景です。

子どもたちの絵や作品を見るたびに、すごい発想力とそれを絵として形にする力に驚かされます。なにせ私の絵や造形能力は幼稚園児以下ですから。

奥では手作りの包装をまとった缶にお花を活けるという参加型のお土産もあり、たのしくて嬉しい感じです。
お手伝いをされてるみなさんから「ぜひ」とお声かけをいただいたのですが「今日は事務所も手薄なので・・・」と何度も断っていたら持ってきてくださいました。ありがとうございます。

いつも殺風景な事務所ですが、ちょっと花があるだけで随分ちがいます。
[PR]
by floating_t | 2008-11-08 15:16 | しごとも | Comments(0)

お客さんに

めっちゃ怒鳴られた。
事務所にひとりなのに…。

けど屈せず対応。

こちらはできる限りの妥協をしているし、「固い」といわれようと「融通がきかない」と言われようと、最低限のルールは守ってもらう。
じゃなきゃ、今までそうやって理解してもらって断ってきたのも全て無意味になる。

ここでそれを許して“なしくずし”になるのが一番悪い結果。
他のメンバーの方が理解してくださっている限り、利用者であるその方たちが明日恐縮されるのも私にとってはよくない結果。(これは既に遅かったかも…)

「ケースバイケースでやれ!」と言われてもあなたのケースだけを融通するわけにはいかない。 自分の箱ひとつしかない人にその言葉を使われるのは困る。

それは前例でお断りした元市議さんだろうが、現職さんであろうが同じなのです。

「○○しないことに何の意味があるんか?」
「じゃあ、ルールを破って○○することに何の意味がありますか?」
クレーム処理としては間違っているかもしれないけど、おばちゃんが怒鳴ったおじちゃんを止めに入らなければ言葉のキャッチボールをしながら打ち負かしていたかも。(いや、殴られていたかも?!)

ねじ座って問答している間に時間がたてば、それはそれでいい感じやったし。
てなこと書いてますけど、実際は低姿勢に謝ってるんです。火に油はそそげませんから。

父以外には怒鳴られ慣れていないので、やっぱ怒鳴られると緊張する。けど、一方的でクレーム的な怒鳴られは苦手じゃない。ってことに最近気づいた。それが処理になっているかどうかは別として。
[PR]
by floating_t | 2008-11-07 18:12 | しごとも | Comments(0)

勤務に対する姿勢。

今の私にとって多少コンプレックスであるそのことが、彼らにとっては大きなステイタスのようで…。
本来なら誇りに思っていれば一生懸命働くのだろうけれど、そのステイタスは単なる権力と考えているとしか思えない行動を取る。
物事をあまりに知らない、そしてその知らないことを知ろうとする努力なく相手のせいにするこのスタイルで社会に通用するわけがない。のに、それすら気付かないのは幸せなことなのかもしれないなぁと思う日々。
今日も1本の電話を横で聞いていて、私たちがしてきた努力っていうか労力を無駄にされていることを痛感した。

そこで私の中に湧いてくる思いと若干殺意。

人間としてのその部分を指導するのは私の役目ではない。
 →ていうか年上やし、言っても聞かんし

しかしその行動でお客さんが困る&施設全体の評価が落ちる。それも困る。

ではきちんと対応から学んでもらうよういう?→言ってもできんやろうけど。

ていうか、それは責任者がすることでは?

でも責任者すらそっち側やし。

じゃあどうする?

見てみないふり。

それもさすがにできないし…。正義感あるから。

じゃフォローだけする?

なんでフォローしたことも気付かない人のフォローをしなくてはいけないんだ?

じゃ、見てみないふり?

いや…。

という葛藤が堂々めぐりな悪循環。
[PR]
by floating_t | 2008-11-03 09:45 | しごとも | Comments(0)

山口ウインドオーケストラ

b0062019_16441154.jpg定期演奏会。舞台横から少し拝見させてもらいました。
おぉ!あんな人やこんな人もいたりして驚きです。
吹奏楽は大好きで、最近は中学・高校・一般と聞かせてもらう機会が多くあります。

今日は一般の団体のメモリアルコンサート。
何故か受付として働いてみたり…。みんなが主役(出演者)なため、当日運営面は弱いかんじです・・・。

学生に比べてノリ的なことは少ないけれど、しっかりと聴かせてくれる演奏で、「吹奏楽やちょきゃな~。」ってまた思いました。

b0062019_16411657.jpg

こちらは客席から。ドラムのソロは圧巻でした。
そして、一ファンとして楽しませてもらった後は鬼職員。大急ぎで撤収作業。すみません。
[PR]
by floating_t | 2008-10-26 16:56 | しごとも | Comments(0)