大殿小学校音楽会

b0062019_8333213.jpg前日の夜にポストに案内が来ていたので、ちょっと行ってみました。

自分のこどもや目当ての子どもがいるわけでもないし、今は大殿に住んでもいませんが・・・。
実はここ数年、地域ボランティアとして5年生に「山口祇園囃子」の指導に行っています。
平日の日中のことが多く、なかなか都合をつけていくことは難しいのですが、こどもたちが一生懸命やっている姿を見てしまったので、ぜひ成果発表も見たいなぁと思っていたところだったのです。

大殿小学校が祇園囃子を始めたのはいつでもアートふるのオープニングからなので5年くらい前。その後例年5年生の有志が集まり、アートふる当日と校内音楽で祇園囃子を披露します。
今年のアートふるは全く見に行ける余裕がなかったので、ちょうどいい機会でした。

んで、演奏はというと、今回主に指導された方がご自分の子をリーダーに、徳島でやったみたいな半端な演出まで加わったお囃子。まぁ、ご本人は大満足でしょ。
5人程度の太鼓と鉦に100人近い笛(リコーダー)。さすがにこれだけ人数がいるとすごいなぁ。
あの大人数を前に体育館だとやはりもう少し太鼓と鉦がほしいところではあるけど、それよりなにより、この体験を通して児童たちが祇園祭やお囃子のことを知り、地域に参加してくれるといいなぁって思いました。

校内音楽祭は学年ごとに合唱と合奏を披露。
選曲もさることながら、合奏で使われる楽器も様々あり、完成度もすごいなぁって感心しちゃいました。
お囃子も担当された音楽の先生、全学年の合奏指揮してましたけど?専門科目って大変なのですね。
[PR]
by floating_t | 2008-11-05 14:11 | かつどう | Comments(0)