レーシック1 資料請求・問い合わせ~場所・病院決定

最初に資料請求したのは大手の品川近視クリニック。品川美容外科などと同系列のクリニックで症例数も多く、紹介制度での割引や交通費の補助もある。国内数か所に医院があり、執刀医の人数も多い。体験談を見てもかなり多くの人が利用&満足しており、特に問題もない。
一度検査の予約をしたものの予定が合わなかったことがあり、今回もそこでの予約を入れることにしました。

その頃、近所の眼科でモニターを募集しているという情報を聞きつけ問い合わせにいくことに。そこでやっていたのはLASIKではなく、きっと今後需要が増えていくであろうIOL(有水晶体眼内レンズ)という術式でした。角膜と水晶体の間に人工のレンズを入れることで強い近視の矯正ができるという手法で、聞くと費用は片目40万円!両目だと…。給料の3か月分どころじゃありません。そりゃ無理だと山口での手術をあきらめたのです。

さらに同じ頃、情報源にしているmixiで、1泊2日での手術ができる病院を発見。
通常LASIK手術は最短でも検査→(適合)→手術→検診の2泊3日必要だと思っていました。実際品川クリニックではその予定だったので、遊びも含めてそのようにスケジュール立てを始めていました。ところが、遠方の人は検査をした当日に手術をして、翌日検診で終了というプランを出している眼科があり、早速その眼科の情報を集めました。
それが今回私が手術を受けた安淵眼科医院です。まず、クリニック系列ではなく、眼科医であるということ。(従って土日はお休み)
実際当日は、普通に診察に来たこどもやお年寄りもたくさんいました。

それから、手術は術式に関わらず全て同じ金額(しかもかなり安い)ってこと。これ、はLASIKはできるだけ若いうちにしてもらいたいので学生でも受けやすい金額だということと、値段によって術式を選択して欲しくないという意味があるそうです。
さらにこだわりとして、予約後に質問するとキャンセルになるとか、ひとりしかいない先生の人柄が色んなところで描かれていたことなどなど。

場所は京都ということもあり、移動の時間や金額を考えても東京行くよりたくさん遊べるなってことももちろん考えました。
資料請求をし、手術にあたって気になることなどを質問して解決し、いよいよ予約。

めちゃくちゃ流行ってるんですね、LASIK。少しでも早くと思っていたのですが、いちばん早くて1ヶ月以上先との回答。早速その辺りの平日休みを調整し、8/26(火)の検査→当日手術を予約することができました。
[PR]
by floating_t | 2008-08-30 19:36 | レーシック体験