8年前のまま?!

山口に来て最初の仕事は“県庁の臨時職員”でした。
「きらら博で何かしたい!」と初めて山口へきました。2,3回目に来た時にはアパートも決まり、職安で見つけたこの仕事の面接を受けていました。

1日8時間で日給6340円。1ヶ月の勤務は15日。
今考えるとこれで一人暮らしをしていたのは奇跡ですが、周りの方に可愛がってもらっていたので食事には困りませんでした。それから、良くも悪くも学生気分だったのもあり、楽しい毎日を送っていました。片道4~5km、緩やかなのぼりな通勤をチャリでできるくらい若かったし。

今でこそ官公庁にも知り合いがいますが、その時は県庁なんて社会見学でしか来た事がなく、どんなことをするのかも分からなければ、そんなところで働くなんて想像もしていませんでした。
まだ“一人1台パソコンがある”時代ではなく、仕事といえばコピー、お茶くみ、発送作業…などの雑用係。当時20人くらいの課に臨時職員は7人くらいいました。(臨時職員にも種類があって責任ある仕事をしてた方もいらっしゃいましたが…)
殆どが実家住まいで独身の若い女性で、今でもごくたまに仕事や街なかで偶然出会ったりします。

その中でもよく食事に行ったり、遊んだりした方たちがいるのですが、横浜で子育てをしている方が帰省するということで久しぶりに再会。残念ながらひとりは仕事で来られず、3人+キッズ1人の4人で食事。
8年も経っているので、今ではそれぞれ母だったり、主婦だったり、違う仕事をしていたりするし、あれから1度も会っていないというわけではないのですが、私の中では8年前で時間が止まっていて、話していてもその頃のイメージや出来事が鮮明に思い出されます。
それはどうやらお2人も同じだったよう。
特に何を話したってわけでもなく近況を話したり、8年前もこんな話題やったやろっていう話だったリ…。あっという間に時間が経っていました。
3人の関係性もキャラも何となく昔のままで、年だけ増えてるのがまたおかしかったりして。

ここも私の山口原点といってもいい場所なのかもしれません。
[PR]
by floating_t | 2008-08-08 23:56 | おもい | Comments(0)