ホームページ閉鎖

b0062019_16364588.jpg
新しい年度になり、市の財源の関係もあるでしょう。
運営体制や組織の問題もあるでしょう。
変に続けるくらいならやめてくれ~。ってずっと思ってはいましたが、やっぱりなくなると思うと淋しいもので・・・。 わがままやね。

2000年に事業が立ち上がりスタートしたやこねっと。
私がスタッフとして関わらせてもらったのが2002年度からの2年間。その後2年間くらいは外側から関わっていたので期間の半分ぐらい過ごしたことになる。
私が「山口に詳しい」と思ってもらえるのもやこねっとのおかげだし、「パソコンに詳しい」と思われているのもその時に培ったものだと思う。
そして何よりその間に出会った人たちや情報は今でも私の宝物で、それがなければ私は今ここにいないと思う。

だからこそ愛着があり、自分が辞めた後もずっと、やるならちゃんとやってほしいという思いと、もう事業なくなればいいのにという思いがあった。
いよいよなくなると思うと、やっぱりどこか「もったいないなぁ」と思ってしまう貧乏性なわたし。
だって、自分で言うのも何ですが、いいことやってましたから。

なにもかもしなきゃいけなくて、めちゃくちゃ泥臭い手作りだったけど、情報誌づくりはもちろん、イベントやサイトの運営も企画も、こわぁい建物での深夜残業も、楽しかった思い出がいっぱいです。

最近になっても「やこねっとの○○さんですよね?」と言われたことがあるくらい、8年かけてやっと市民に認識されたって思った。そしてやっと客観的に楽しめてきたところだった。

委託事業の弱みか、苦しくなってきた頃にもっとちゃんとした形で残す術を考え実行できなかった、考えたことを実行に移せなかった。それができてたら、なんて考えてももう遅い。
でも、私の履歴書には一生書き続けますから。
[PR]
by floating_t | 2008-04-01 22:29 | おもい | Comments(0)