『みんなでつくろう和木駅を!』

和木町に駅ができました。
下関市に新しくできた 「梶栗郷台地」(かじくりごうだいち)と共に15日に開通しました。
母校和木中学校のテニスコートの網にはず~っと昔から『みんなでつくろう和木駅を』というフレーズが掲げられており、学生の頃はこの小さいまちに駅なんかできるわけないじゃんと思っていました。
が、具体的に用地買収や建設計画ができあがり、工事が始まり、現実化。
駅舎の建設費は約7億8500万円。和木町と岩国市で負担(これもどうだか)で、うち5,000万円を町民&町内の企業から集めたとのこと。
うちの実家にも来たそうです。集金。

駅舎にはコミュニティスペースもでき、駐輪場は指定管理者が運営・・・etc
最新っぽいでしょ。

その開通式で私の同級生はよさこいを披露したり、記念切手を買ったりし、同級生のお父さんは町長の横で大役を果たしたりしたそう。

何はともあれ町民が懇願し、何年もかけてできた駅。
私はめったに使うことはないでしょうが、たくさんの人が利用して、和木町に住む人、働く人、遊びに来る人の拠点になればいいなぁって思います。


[PR]
by floating_t | 2008-03-16 22:42 | おもい | Comments(1)
Commented by どらみ at 2008-03-18 23:23 x
うちのお父さん何の大役まかされたん?
おそろしいわ。。。
みつのり。。。