1日目@台北ホテル探し

台湾の空港に到着。トランジット期間が1日半あるので、1泊分の荷物を入れたリュックだけ持ち、スーツケースを空港に預ける。
薄々気がついてはいたが、ふたりとも、北京語はもちろん、英語さえままならないのではないだろうか?これはヤバイ。
幸い台北は日本語が通じるところも多いので、とりあえずリムジンバスで台北市内へ。
今回の旅で唯一宿泊先が決まっておらず、まずは台北駅の観光案内所でホテルを紹介してもらう。

対応してくれた女の子は学生かなぁ。
日本語が少し喋れるようで、一生懸命案内してくれる。助かった。
そこで安宿の情報を得、お礼にバッグに入っていたチョコをプレゼント。
それでテンションの上がった彼女からは「新年おめでとう!」

そういえば台湾はお正月の雰囲気が漂っている。
旧正月は2月7日だった気がするが。

台北には世界一高いビルがあるし、デパートやマンションも立ち並び、交通網も整備されている。が、もちろんその裏では明らかに空気の悪そうな工事風景や、庶民的な古い街並みが並立している。

教えてくれたホテルを探す。
どうやら古い街並みの中にあるようだ。教わった通りにはたくさんのホテルらしき表示がある。
ここで気になったのが「休憩○○○NT$/宿泊○○○NT$」。
この標記を見た感想。
 と 「連れ込み街?」
 こ 「サラリーマンとかが休憩するのに使うんよ」
やっと見つけた私たちが宿泊予定のホテルにも同じ表記がありました。
周りのとことはちがうのは、きっとこのホテルは旅館連盟みたいなのに登録していて、それで観光案内所の紹介リストに入ってるんだってことくらい。

階段を上がった先にある番台にいたおばちゃん、北京語しかしゃべれませんから。
部屋のチェックをさせてもらい、宿泊決定。
ダブルベッド1部屋。2人で550NT$(約1,700円)。
[PR]
by floating_t | 2008-02-18 13:04 | あそび | Comments(0)