集大成

b0062019_1131859.jpg
「NPO法人あっと」がWAM(独立行政法人福祉医療機構)から助成を受けて作成した市内のサロン・サークルを紹介したマップ『ままっぷる』
http://ssmap.soreccha.jp/
その取材スタッフや取材先の関係者が集まり、完成交流会が開かれました。

雪の舞う寒い日にも関わらず約70名の人が集まり交流。
実は私、また内容をあまり見ていませんが・・・。

会場内も託児室もめっちゃ盛り上がっていて、それがいい感じだったという感覚はあります。
スタッフもみぃんな手際よく、時間の制約にしていた心配も難なくクリアです。
それぞれの人に「さっすがぁ」と感心しつつ、いったん解散。

そして夜の打ち上げでは…。
キッチンにてフライングで乾杯。
何だかみんなホッとして昼寝したそうです。本当にお疲れさま。

市民活動でひとつのものを作り上げるのは、もちろん不安ともろさがいっぱいです。
たくさんの人を巻き込もうとすればするほど大変だし、つくり手側だけのものになるってことも考えられる。
でも、市民活動の存在意義が大きくなり、そこにレベルが求められるようになり、そして求められたレベルに応えられるように進んでいく。
そこに通じる過程・人間は本当にすばらしいなって感じます。

何回見ても初めての感動を味わえるDVDには、当日の様子まで入れ込まれ、周りの人の愛もいっぱいこもっていました。
メンバーひとりひとりを思いあい、ここにいることに感謝し、涙するひとたち。
そして次へ向かって・・・。

顔を見た瞬間「あれ?」って思った人がメンバーのだんなさまだとつながった日。
めっちゃ“デキル”イメージの人が、すまっぷの一員として「1,2,3ダァーッ」ってやってる姿を見て、何かめっちゃ嬉しくなりました。
ほらね。狭い山口。ここにも新しいきっかけが転がっています。
[PR]
by floating_t | 2008-02-15 18:30 | かつどう