でもムカつくのは・・・。

最近友人が言っていたことを身にしみることがとても多い。
「あぁこの人おっさんやったで済むことが多い」って言葉。

何か納得いかなかったり理不尽だったり、さえないと思ったり、馬鹿?って思ったり…しても、このひとおっさんやったとかおばさんやけ仕方ないと思ったらかなり許せることを発見。
じゃあその“おっさん”の定義は?って言われると…です。ただ年齢を重ねていることだけがおっさんではないから。年齢の重ね方が下手な人だったり、井の中の蛙的な人だったり、人の気持ちを考えられない人だったり…。私の判断基準の中では、前に書いてあることを網羅しつつ、どこを探しても尊敬できる所が見つからない年上の人、この人とは話もしたくないと思う人が最たる“おっさん”です。
今までは周りにそんな人は少なかった(ような気がする)のですが、今直撃しているので、ものすごいあぁね!って思う事が多くなりました。

それから最近、人を見る目がない人ってのも感じるようになってきました。ウワベだけしか見れていない…。ぶっちゃけてしまうとできない同僚(1年早く入ったその最たる“おっさん”)に仕事を聞けという指示をされたことのことですが…。えっと、普段の様子を見ててわかりませんか?
鍵の開け閉めと、1枚の広報誌を1か月かけて作ることだけが仕事な彼と、事務を把握して確実にこなしている彼、年齢だけで評価されるのはおかしいし!
私が利用者だったら苦情を言いますきっと。

他の施設はどんどん民間化され、ある施設には「お客様は神様です」的掲示がある所もあるとか…。電話応対一つとっても確実に違います。
まあ、逆にうちよりひどいんじゃないか?って公共施設も最近発見しましたが。
[PR]
by floating_t | 2007-11-19 18:30 | おもい