空を見上げる

b0062019_14472769.jpg
今日の仕事相手は「落ち葉」相方は「竹ぼうき」
週3日、それを主の仕事としてやってくる人のいるうちの職場では、私の立場で彼らの仕事をするのは良くない事かもしれないけれど、紅葉が見頃の今=落ち葉も絶好調なため、1日であっという間に地面の色が変わるので仕方ない。

普段は机に座っているか歩いているかの仕事なので、午後たった1時間その作業をしただけなのに、じわっと温かく、心地良い疲れが体にくる。
いつも朝から数時間その作業をするのは年配のおふたり。
コツと体力を要する仕事だということを知り、ありがたさを感じる。

落ち葉掃きをしながら、本気で落ち葉と向き合ってる自分に気づいた。
集めるコツ、袋に入れるコツ・・・。
慣れない作業で腕がだるくなるのに、後から後から葉がおち、風に舞っている。
空を見ると揺れてる街路樹。
こうやって無心(それに向き合って)に何かをすることは心の空気を入れ替えてくれる気がした今日の仕事時間。
[PR]
by floating_t | 2007-11-13 18:47 | しごとも | Comments(1)
Commented by けんちゃん at 2007-11-14 00:59 x
本気で落ち葉と向き合うなんて素敵ですね。
一見何でもないような仕事、雑用のような仕事に充実感を得るためには本気で向き合う必要がありますよね。

学生時代沢山のバイトをやりましたが、ビラ配りの仕事は大変勉強になった記憶があります。
相手の瞳をしっかり捉え、声のトーンや声かけのタイミング等を工夫
することで受け取ってもらえる確立が上がり、感動したものです。
仕事の後はfloating_tさんの言うように心地よい疲れがきますよね。