臨機応変って

よくイベントの現場や何かの時に、「臨機応変に対応してください」
って言われる。実際私が指示を出す側でも多分使っている。

『臨機応変』→その時々の場面や状況の変化に応じて、適切な処置を施すこと。(by大辞林)

日常生活していれば当り前のことやろって思うかもしれない。
でも、適切な処置をするためにはそれなりの知識と経験が必要だし、状況を見る目も、その物事に対する理解やら相手に対する配慮やら、いろいろな事が合わさって初めてその状況に適切な手段を判断し、処置できるのだと思う。
だから指示を出す際に説明を省くために臨機応変にって使うのはよくないと私は思う。
もちろん相手が処理能力を持っていることを知っていて信頼できる相手ならよいけれど、何もわからないバイトやピンチヒッターで来たような人に対してそれだけの説明しかしない場合は対応した人だけでなく指示をした人にも責任があるはずだ。

的確に判断できる人には臨機応変でよくても、ちょっと不安な人にはマニュアルが必要。
マニュアル通りにしかできなくても、マニュアル通りなら完璧にできる人もいる。
マニュアルがないが為に臨機応変をはき違え、無駄な判断ばかりしている人もいる。
臨機応変ができる人にマニュアルがあればもっと最強。
[PR]
by floating_t | 2007-07-03 12:15 | おもい