継承する

b0062019_136308.jpg

もうすぐお祭りシーズン。
お囃子の練習にも毎週熱が入ります。

偶然お休みだったので、うちのお隣にある小学校の授業に参加してきました。
目的は「大殿のことを知ってもらうこと」
大殿地区ってところは素晴らしいところです。山口市の中心にあり、大内文化の中心であり、今は私の生活の中心でもあります。
その素晴らしい地域に住んでいる子どもたちが自分の住んでいる地域のことを知らないのは悲しすぎると、真庭先生と学校の先生で企画された授業。

小学5年生、約80人くらいかなぁ。以前ワークショップで来たときにも思ったけど、一生懸命話を聞いて興味を持ってくれる様子はとてもかわいい。

お囃子の先生で、宮司さんでもある真庭さんのお話は、大内文化のこと、山口のお祭りのこと、山や鉾のこと、お囃子のこと。。。
私たちもへぇ~、ほぉとお勉強させていただきました。

そして、この子たちが秋のイベントや校内音楽祭で取り組む祇園囃子を見本として演奏。
こっちはいつもとはちょっと違う空間でとっても緊張してるってのに、子どもたちは前のめりでのぞきこんでくる。

最近は元気がなく、盛り上がりに欠けていると言われる山口の伝統のお祭り。
普段私たちが本番でやるのが30人弱。
こんな元気な子どもたちが全員お祭りに参加できたら、それだけで山口のまつりは大盛り上がりで楽しいだろうなぁなんて思います。
[PR]
by floating_t | 2007-07-01 15:06 | かつどう