ダーウィンの

b0062019_945857.jpg7月1日にさぽらんてで開催される「環境サロンくるんくるん」に先立ち、西京シネクラブと共催で上映された「ダーウィンの悪夢」
「世界で起こっている現実を知ってほしい。そして遠い国の出来事が、私たちと無関係でないこと。私たちにできることを1人でも多くの方と一緒に考えたい。」と上映されたこの映画ですが、私、お手伝いには行ったものの、見ることができませんでした。
「せっかくだから」と真っ暗な館内に入ったものの、あまりに荒んだ世界の現実を少し見ただけで怖い感覚に襲われ、ものの十数分でお手伝いの場所に戻ってしまいました。

環境問題を考えるとき、「温暖化・森林伐採・ゴミの問題・酸性雨・異常気象」などなどさまざまなキーワードがあります。
最近ではこの映画のように外来魚の問題も取り上げられ、実際山口でもブラックバスやブルーギルなどの問題に取り組んでいる団体があります。

これから数十年、数百年後の地球が、少なくとも今のように、そして今より美しくあることは難しいと言われているけど、『環境』がブームとなっている今だからこそ、個人でできることなんてほんの些細なことですが、もっと意識して生活していくことができればと思います。
[PR]
by floating_t | 2007-06-23 14:26 | かつどう | Comments(0)