文化

先日オレスマ会議中に「とよちゃんは何だか文化的だよね」(?)と言われた。
そう、先日オレスマ会議をしたオレスマは、20日にまるっと6年を終え、7年目に突入したのです。
ここんとこ何もしてなく、いろいろ考えて、それでも“オレンジスマイル”が好きなのは確かで・・・。でも・・・。とオレスマ会議をしたのであります。
6年もたつと周りの状況も自分たちもあの頃とはぜんぜん変わってて、でも心ん中はそんなに変わってない=成長してないのでは?と気づかされる。
たまに振り返ってみる機会があるってだけでそれは大事なことなんだなって思った。
オレスマを立ち上げた年に小学校1年生だった子どもはもう中学生。ものすごい成長してます。伸び率は全くかなわないくらい。

そしてこの6年の間に私が「文化的」かどうかというと、自分では微妙。
確かに現在文化施設にいるし、興味のあるお芝居や音楽の公演はなるべく行ってみる。そう、一時期は自分でも「文化貧乏じゃん」って思ってたこともあります。
でも、ある人から「文化は生活のうえに成り立っていくもの」的なことを言われたことがある。
伝統的なものは別としても、文化や芸術というのは、福祉や教育が満たされていれば自然とついてくるものなのだ。というお話だったと思う。
逆に言うと、いくらその地域が文化や芸術に特化しようとしても、福祉教育面がおろそかになっていればその地域に文化は根付かないということ。

自分の行動を『文化的』とは捉えていない私にはよく分からない部分もあって。身近なことに置き換えればわかりやすいのだけど、福祉や教育にもあまり縁のない微妙な年代だし。
でも今、メディアでも地域でも必ず「子育て・教育・福祉・環境」が大きな課題であり問題として取り上げられている。「文化・芸術」がトップに来ることはあまりない。まあ映画や音楽の話題は日常的に流れているけど。
私の場合は「子育て・教育・福祉」の部分に当事者的に直面していないからその分一見「文化的」になっているのかもしれないなぁ。
[PR]
by floating_t | 2007-06-20 21:30 | かつどう