ケータイ電話。

やっと使い方に慣れてきた携帯電話が不運の事故により重症をおってしまった。

いつものように車に乗り出発し、目的地へ到着する。
!!!さっきまで使っていた携帯がない!!
まさか??!!

発見!
出発地点に残された携帯はバッテリーケースのふた部分が割れ、部分的に中身が見えている。

車の鍵を出す時に一緒にポケットから出た携帯はそのまま地面へ落ち、それに気づかず、愛車のパジェロミニにより轢かれてしまったのだ。
確かに軽~い衝撃はあった。が、2cm程度の厚さを超える衝撃は石ころだと思ってもおかしくない。

「やばっ!」と携帯を開き使用してみる。
えっと、全然普通です。
意外と強いじゃん。最近の携帯って。踏みどころがよかったんかな?

あー。どうするんよ。携帯。
ナンバーポータビリティ、買い増し、そのまま・・・・・
[PR]
by floating_t | 2006-10-11 21:28 | おもい | Comments(0)