b0062019_12335515.jpg

急に仕事が中止になり、誘われていた梨狩りに便乗させてもらう。
長門峡のすぐそばなので山口から近く、環境もいい。
こんなところに梨園があるなんて知らなかった。
総勢19名での梨狩りは、狩りというより、ひたすら食べる。
子どもたちが皮をむくことに興味を持ち、慣れない手つきだけど上手にむいていく。
大人の私はというと、むいてもらったのを食べています。
2種類の梨でおなかがいっぱいになり、せみの抜け殻を探すキッズやおばあちゃんを見ながらぼぉっとする。

この広大な梨園でおばあちゃんが2人、1年かけてどれくらいの梨をつくるのだろう。
木の高さはまちまちで腰を曲げたり伸ばしたりしながら受粉から袋かけ、収穫までをする。
虫もいっぱいいるし、天候にも左右される。
自然とめいっぱい仲良しなのか、自然より大きいのか、好き勝手しにくる観光客さえ笑顔で迎えてくれるおばあちゃんたちはとても輝いているとおもった。

第一次産業があるからこそ毎日元気に働けている私がいるということを忘れちゃいけない。
梨、大好き!でもさすがに4つも5つも食べると・・・・・・。。。
[PR]
by floating_t | 2006-09-10 18:33 | おもい