90分で3回

YCAMで昨年から年に1度開催している「真夏の夜の星空上映会」へ初めて行った。
上映作品は『バーバー吉野』
全員同じ髪型をするのが伝統のまちの子どもたちが、東京からの転校生が来たことでその伝統を打ち崩そうって内容。
お盆の入り口の土曜日、思っていたより人が多く、思ったよりスクリーンが小さかったものの、ブルーシートをひき、食べ物と飲み物を広げてくつろぎモードで鑑賞。

その鑑賞時間約90分。
その間に3回もはっきりとしたとても綺麗な流れ星が流れた。
どうやら夏定番の「ペルセウス座流星群」らしい。
スクリーンの向こうだけで3回流れたって事はもっともっと流れてるはず。
映画中「オーッ!」って歓声が上がるぐらいきれいで、ちょっと得した気分。

昔学校のみんなでグランドに寝そべってしし座流星群を見たこと思い出しちゃいました。
[PR]
by floating_t | 2006-08-12 22:19 | あそび