活火山

中学生のとき、社会の先生が「活火山・休火山・死火山」の説明をするのに、人の怒りを例に出して説明してたのは今でも鮮明に覚えている。
「活火山」は何かあるとすぐ怒りを表す人。一つ一つの怒りは小さく、すぐに忘れてしまう場合が多い。
「休火山」は普段はあまり怒ることはなく、たまに爆発する。溜め込んだ怒りも便乗して出てくるので一回怒るとかなり大変。
「死火山」は怒ることがない。しかし、奇跡的に噴火してしまった場合、誰にも手がつけられない。
当時「休火山」だと思っていたのは自分だけだったのだろうか?
今ではかなり「活火山」人間。
感じた怒りをすぐ表現してしまう。
かといって恐れなので本人に対してではなく、第3者あての為、たんなる愚痴でしかないかも。

3連休明けの今日、朝から仕事が山積みなのは私だけではない。
それは分っているけど、イライラいらいらと作業を進める。
「これは誰の仕事なん?暇なら手伝って!」
そう一人でぶつぶつ言いながら(正確には手伝ってくれる人に愚痴りながら)
やってしまうことがいけないんだろうか??

「一生懸命やっているけどできません」
そう爆発して涙されて初めて危機感を感じる人。
爆発することを見下す風潮。

きっと私もその一人。
[PR]
by FLOATING_T | 2006-07-18 14:11 | おもい | Comments(0)