『時空を超える友情』 その2

春になる前から話は聞いていたものの、実際にお手伝いとして関わるようになったのは約1ヶ月半前。
入学式のシーズンになってからでした。
実行委員長である永梅さんよりお電話を頂き、その週末にドライブがてら津和野へ。
その時頂いたランチがめっちゃ美味しかったのはここにも書きました(http://madoitime.exblog.jp/13174931/)

龍一郎さんとは面識もない上、永梅さんとお会いするのも初めて。(正確には6年前に会っていたり、ニアミスをしているのですが)
いったいどんなことが行なわれるのか、私がどれくらいお手伝いできるのかも分からず、少し戸惑いもあったのですが、永梅さんの想いと行動力に感銘し、ぜひ仲間に入れてもらいたい!と思ったのです。

その後はPR活動や準備のことで毎日のように電話やメールでやり取り。
初めてのイベントな上、日数も短い。お手伝いにはたくさんの方と親交があり、愛されていた龍一郎さんの周りの方々がたくさんいらっしゃり、いろいろなところに気を遣わないといけない。
10年住んでいるとはいえ、昔ながらの人間関係やしきたり、ことばで意思疎通ができないことは大きな壁となったに違いありません。

そんな中、文句も言わず事を進めていく彼女の姿勢はある意味すごかったと思います。
最後の方はかなり疲れているのを感じましたが、それでも直前までパンフレットの校正やスタッフ資料の作成などにも一生懸命なのが伝わってきました。

前日の22日、アンケートやパンフレットが何とか完成し、益田へ。
ここから濃厚な時間が始まったのですが、続きはまた。
[PR]
by floating_t | 2010-05-26 00:03 | かつどう