ゴールデンウィークを満喫

b0062019_12523444.jpg今年の連休は珍しく旅行へ。
旅のお相手は幼小中の同級生。
独身でかわいい子が好きということ、ゴーイングマイウェイてとこが共通点な3人。
決まっているのは高千穂峡に行き1泊、そして翌日は南阿蘇で1泊すること。その後佐賀にいかなきゃいけないこと。
あとはノープランです。
そんな旅はもちろん笑いあり、軽い喧嘩や険悪もあり。
私と彼女の間には緩衝材が必要です。きっと。

ながらも、めちゃめちゃ満喫して帰宅。
ず~っと夏日並みによいお天気だったGW。
大きな渋滞にも巻き込まれずに楽しみました。

帰って荷物をほどいてイチバンのお気に入りをパチリ。

高千穂のある西臼杵郡限定の…(笑)

<旅の行程>
5/2(土) 
朝、和木→山口でピックアップしてもらう
小郡から高速に乗り、渋滞回避のため門司でおりる
小倉の高い回転寿司屋さんでお昼ごはん
耶馬渓・九重を通り熊本から宮崎へ
夕方、民宿あや到着
あたふたと晩御飯を食べ、夜神楽へ。
帰り、たまたま入ったお店でめいっぱい地酒(焼酎メイン)を試飲し、3人でめちゃめちゃ買う。
地元の梅酒に使った梅までいただく。

5/3(日)
高千穂峡へ。
再開したばかりのボートはエリアが限られていたけど、午後イチの整理券をもらって散策。
ニジマスの釣り堀があり、そこで楽しむ。
ボートを堪能し、天野岩戸神社へ行き参道のお店でちょっと遅いお昼ごはん→荒立神社へ。
そこで全員良縁などのお守りをゲット。
その後南阿蘇のペンションへ移動

めっちゃ感じ悪くチェックイン後お風呂に入って休憩
馬刺し+牛・豚・鶏・ホルモン勢揃いの焼き肉&地元のだご汁をいただく。
閉店時間過ぎてますけど…。

部屋に帰って「露々(米焼酎)」のお茶割で飲み直し。
私の予定では4日帰山だったんだけれど、ここでじゃんけんに負け、もう1日お付き合いすることが決定。

5/4(月)
何の当てもなく、動物と触れ合えるところを目指して出発。
途中で小学生が教えてくれた阿蘇ミルク牧場へ。
口蹄疫の影響でミニブタや牛、馬には会えず…。
それでもポニーに乗ったり、おいしい牛乳を飲んで楽しむ。

その後通りがかりの牧場に寄って佐賀へ。
なにしに?

同行者の一人が参戦するジャニーズのコンサート会場へ送迎。

その後車内はとても険悪な雰囲気になり…。
そのまま山口へ帰るかと思いきや、佐賀を満喫することもなく大分へ。

ジャニファンがコンサート後に移動してきて泊まるという健康ランドへ先乗りし、お風呂に入って、館内の居酒屋へ。到着時から一緒に飲もうやぁと言われていたおじさんが合流してきて、一緒に飲む。
途中、おじさんひとりはオネム。友人はマッサージに行くと言って取り残され、仕方ないのでもう一人のおじさんと焼酎を飲み続ける。
どうやら大分の黒霧島は20度らしくのみやすい(笑)

宿泊は漫画喫茶の個室みたいなコンパクトルーム。
しばらく部屋の外で3人で話し、就寝。

5/5(水) 連休最終日
ちょっと飲みすぎたので早めに起きて朝風呂。
スッキリして準備をして集合すると、もちろん1番ノリ。
ジャニファンは午後・夜とコンサート参戦のため、午前中だけ同行。
駅で彼女のチケットを買いがてら鶏めしおにぎりで朝ごはん。
別府へ向かい、地獄めぐり。時間もないので「山地獄」と「海地獄」を満喫して出発。
途中スーパーマーケットで地元食品をいくつかゲットし大分市内へ。

ジャニファンを下ろし、昨夜のおじさんたちがいるという緑化フェアみたいなところへ。
私たちめっちゃ律儀。
ご挨拶だけして昼食へ。

目的の店は微妙だったため、商店街を歩いて入った店は…。
奇しくも数年前、国体の視察で入った居酒屋さん。な気がする。
ご当地料理の昼定食を提供していてステキ。
山口だと何かなぁ。

午後3時頃、おなかもいっぱいになったことだし帰ることに。
実は大分から山口方面はいったん高速を降りた方が早いんだけれど、どうしても大きなSAで買わなきゃいけないものがあり…。鳥栖を回って帰る予定が、ちょっと眠っている間に宇佐方面へ。
宇佐のインターで引き返させてもらい、鳥栖→福岡を回って山口へ。
山口到着20時過ぎ。
その後和木への到着はきっと22時。お疲れさん。
[PR]
by floating_t | 2010-05-05 21:51 | あそび | Comments(0)