和木友

b0062019_1229436.jpg今まで自分には足りないと思ってた喜怒哀楽の「哀」。

それが自分にあることを知った週末。
2ヶ月という短い間に彼はおっきな絆とか深い愛をいっぱいいっぱい残してくれたと思う。
ありがとう。

君はみんなの、そしてパパとママの最高の天使だったよ。

ほんとは何も言えんし何もできんくて折れそうだった。
覚悟も何もなく訪れた日はこんなにも悲しくて、涙が止まらないことを知った。

でもアホな和木友たちといると、知るわけないのに、多分いぢめられてるハズなのに、なんだか安心するし、少し救われる。
気がするおっき〜の誕生日会。

仲間っていいなって思ったのも確か。

大河、パパとママの周りには、そして大河の周りにもいっぱい仲間がおるけ〜。
[PR]
by floating_t | 2009-11-03 01:24 | おもい | Comments(0)