大バカタレ!

久しぶりにこんな言葉が使いたくなったのは明日あるコンサートの事業と主催者に対して。

当日お手伝いをするコンサート。
チケットは会場の3分の1しか売れていないと聞いてはいたけど…。

開催数日前の今頃になって割引をするだとか、招待券を出し始めるとかありえない。

もともと公共事業的な意味合があり、企画自体はいい企画だと思う。
けれど、広報活動を許さず、販売努力もせず、どうやって売れるって言うのか。
私調べによると街の情報に詳しい人ですら知らないって声が多いくらい。

確かに、お客が入らなかったからと言って誰も被害は受けない。
かといって、「自分の腹が痛まない」から今まで放っていたなんてなんの理由にもならない。
たくさんの特権を持って実施する事業なのだから受益者をもっと増やすべきだし、お客も出演者も必ず満足させるっていうくらいの意気込みを持って取り組んでほしいものです。

それやる事業費と特権私にくれたら何でもやるのに。
[PR]
by floating_t | 2009-10-21 12:56 | かつどう | Comments(0)