黙祷

b0062019_12341538.jpg1945年8月6日、64年前の今日、午前8時15分。
原子爆弾が広島に投下されました。

広島に程近い町で生まれ育った私にとってはとても身近な話題で、夏休み、テレビの前で式典を見ながら黙とうをするというのは当たり前でした。

が、山口に来てから、山口の人にとってはやっぱり遠い話題なんだなと感じたのを覚えてます。
それは今も同じで、運転中や移動中なら仕方ないけど、デスクに座っていても黙とうをしている人はいないんだなってのが、移動しながら見た光景。

街の様子が変わり、体験を語る人がいなくなっても、決して歴史の一部分としてではなく、考えなくてはならない問題。

いつも平和ボケしている私も、この季節だけは平和について考えてしまいます。

支度が遅く、出勤途中に時間が来てしまったので目の前の様子を撮影。
平和な空に感謝し祈る。
[PR]
by floating_t | 2009-08-06 08:20 | おもい