龍の子太郎

b0062019_11375373.jpg劇団前進座さんによる「龍の子太郎」という演劇をみさせてもらいました。

お話自体は有名なようです。
知りませんでしたが…。

10人弱の一行が織りなすステージは圧巻。
音・光・台詞・動き・セット…。すべてがうまぁく絡みあった素敵なステージでした。

地元団体の低学年向け鑑賞会ということもあり、会場の大半は子どもたち。
あんなに大勢の子どもたちを2時間飽きさせることなく惹き付けるのはもちろん、激しい動きやあの声量はホント、さすがプロという感じでした。

こういういい舞台が近くで見られるという機会があることは本当にいいことです。
山口のこどもたちって恵まれてるなぁって思います。

もちろん、その裏にあるいろんな人たちの尽力や愛も忘れちゃいけないなぁと、こういう仕事をしているとつくづく感じます。
[PR]
by floating_t | 2009-02-13 22:36 | あそび | Comments(2)
Commented by saimon at 2009-02-16 22:07 x
艶やかで力強い舞台でした。
様式美とも言える、
指先まで神経の行き届いた ひとつ一つの「所作」は、本当に綺麗でした。
困難な問題にも、前を向いて純粋で真っ直ぐな心で
立ち向かっていく主人公に、子どもたちは惹きつけられたと思います。

こどもたちには、いろんな事を体験して
いっぱいココロをうごかして 大きくなってほしいと思います。

もう一つ、強く心に残ったのは、
公演が終わった時に、ものすごく当たり前の事のように
「・・・(濡れたところを)拭きましたが、滑ると思うので
誰か一人付けた方が…」 と雨で濡れた足元の注意を
してくれたホールのスタッフの言葉でした。
何度も利ようしているこのホールで、
こんな言葉を聞かせもらったのは、私にとっては初めてでした。

ありがとう!!

Commented by とよ at 2009-02-17 22:59 x
こんばんわ。
その通りです!すごいいい舞台でした。
今みなさんが子どもたちのために蒔いている種で、これからの山口が素敵なまちとして実っていくのですね。
お疲れ様でした。
怪我がなくて何よりです。
だって私がこけそうでしたから(^^)